日光東照宮・御水屋(手水舎/水盤舎)【重要文化財】

スポンサードリンク

日光東照宮・御水屋(手水舎/水盤舎)【重要文化財】

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e5%be%a1%e6%b0%b4%e5%b1%8b%ef%bc%88%e6%89%8b%e6%b0%b4%e8%88%8e%ef%bc%89%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91

創建年

  • 水盤:1618年(元和4年/江戸時代前期)
  • 御水屋:1636年(寛永13年/江戸時代前期)
建築様式(造り)

  • 十二脚唐破風造
  • 妻入
大きさ

  • 桁行一間(奥行:約2メートル)
  • 梁間一間(横幅:約2メートル)
屋根の造り

  • 銅瓦葺
重要文化財指定年月日

  • 1908年(明治41年)8月1日

日光東照宮・御水屋(手水舎)の読み方

日光東照宮の境内には読みにくい名前の社殿がありますが、御水屋は「御水屋(おみずや)」と読みます。

また「手水舎」とは「てみずや・ちょうずや」と読みます。

意味合いはいずれも同じです。

日光東照宮・御水屋(手水舎)の「歴史・由来」

日光東照宮の御水屋の水盤(手水鉢)は1618年(元和4年)に九州の佐賀藩主・鍋島勝茂によって「徳川家康公3回忌」を記念して奉納されたものです。

ちなみにこのような手水舎(御水屋)は古来から日本の社寺の境内に存在した訳ではなく、割と近代に差し掛かってから造営され始めたものです。

正式に手水舎が採用され始めたのが、江戸時代初頭と云われており、なんと!この日光東照宮の手水舎(御水屋)が日本の手水舎の起源であるとも云われております。

日光東照宮・御水屋(手水舎)の建築様式(造り)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






サイフォン式の水盤から垣間見える小堀様式の建築

御水屋(手水舎)の水盤は「花崗岩」で造られており、「サイフォン」と呼称される流水の原理を活かして水が途切れることなく出続ける仕組みになっています。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e5%be%a1%e6%b0%b4%e5%b1%8b%ef%bc%88%e6%89%8b%e6%b0%b4%e8%88%8e%ef%bc%89%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91%e6%9f%b1サイフォンの原理とは、「管」を用意して「管」に溢れかえるまで水を入れ真空状態にして、それを満水状態の水盤の中へいれて設置し、管の片方を貯水源に射し込みます。

こうすることで水盤の水が減少すると、貯水源から水が押し上げられる形で管内へ吸引され水盤へ落水し、すなわち自動的に水が出続けると言ったことになります。

ちなみに水盤の貯水源は日光山内の「滝尾神社」の付近と云われており、そこから「社務所」の裏を経由して「神庫」の裏手の石段から落とし込み、落ちた後に下から上に噴き上がる水圧を利用して水盤へ押し上げるといった仕組みになっています。

これらのことが事実とするならば東照宮の境内から約2kmも離れた場所が水源と言うことになります。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%81%8b%e3%82%89%e6%bb%9d%e5%b0%be%e7%a5%9e%e7%a4%beまた、管の直径は約15cmほどだと伝えられており、江戸時代の水道管となるとおそらく木造や石製となりますので、これを約2kmも離れた山内まで通して設置していたことになります。

しかし、このような原理や建築技術を江戸時代の初頭から応用し実用していた事実には驚嘆の意を隠しきれません。

但し、残念なことに現在の水盤には衛生上と耐久制などの観点から、通常の「鉄管と上水道による仕様」に変更されています。

尚、このサイフォンの原理のような建築技法は日本古来から伝わるものではなく、これは西洋の建築技法であり、おそらく創建当初の建築において最先端の知識を有していた「小堀遠州(こぼりえんしゅう)」の手による意匠であることが伺えます。

飛龍の彫刻

御水屋の唐破風の妻の部分には「飛龍の彫刻」が彫られています。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e5%be%a1%e6%b0%b4%e5%b1%8b%ef%bc%88%e6%89%8b%e6%b0%b4%e8%88%8e%ef%bc%89%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91%e3%80%80飛龍とはの口から火を吐く伝説の生き物です。

東照宮の飛龍にはコウモリのような羽が生えており、さらに鳥のような足をしています。

飛龍は古代中国で生み出された伝説上の生き物であり、どちらかと言うと「火を司る象徴」として捉えられますが、飛龍の身体は火を吐くので高温になっており、..アヂっ!・・これを冷却するには大量の水が必要になります。モフモフ

このようなことから飛龍は逆に「火難から守護する水の霊獣」として位置づけられたようです。

つまりは火難から東照宮全体を守護すると言った意味で御水屋に備え付けられています。

尚、東照宮内で飛龍の彫刻がある殿舎は複数あり、合計で43体の飛龍が確認されています。

そして、それら43体の飛龍の中でも特にこの御水屋の飛龍は東照宮を代表する見どころの1つとなっています。

御水屋の柱

この御水屋を支える柱は稀有な造りになっており、御影石を用いた3本の柱が四隅に寄せ集められた造りなっています。

まるで古代ギリシャの神殿を彷彿とさせます。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e5%be%a1%e6%b0%b4%e5%b1%8b%ef%bc%88%e6%89%8b%e6%b0%b4%e8%88%8e%ef%bc%89%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91%ef%bc%91これらの柱が合計12本あり、ゴージャスな唐破風の大屋根を支えています。

また、12本それぞれの柱の貫や鼻の部分の金の装飾が特に目を惹きます。

日光東照宮・御水屋(手水舎)の・・謎

御水屋(手水舎)に訪れた際に、ちょっと屋根を見てみてください。

向かって左側奥の屋根の角が切り落とされてキレイな真っ平らになっています。

理由は定かではありませんが、これも東照宮の謎であり七不思議の1つと言えます。

日光東照宮・御水屋(手水舎)の場所

御水屋は表門をくぐった先の上神庫(想像の象)の前方に位置します。脇には輪蔵があります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ