日光江戸村の混雑状況・混雑回避対策

スポンサードリンク

日光江戸村の混雑状況・混雑回避対策

日光江戸村・混雑状況・混雑回避方法近年では、日光へ観光する観光客の数が年々、増加傾向にあります。

そして、その中には外国から訪れる方も多数おられます。

特に、日光東照宮をはじめとした、日光連山は世界遺産に登録されています。

また、外国では「ジェダイ」というネーミングが一躍有名となった「米映画・スターウォーズ」を筆頭として、空前の「侍ブーム」「日本文化ブーム」が世界中で巻き起こっています。

したがって、日光江戸村へ訪れる観光客の数が年々増加しているといったことになり、比例して混雑が増しているといった解釈となります。

日光江戸村へ訪れるには「朝が狙い目」

「朝一番に入村する」・「見たいところを優先的に回る」・「ランチは11時台にする」といったところを、まずは意識するようにして優先します。

このようにすることで、多少なりとも混雑を回避できます。

また、「ゴールデンウィーク」と「夏休み」は、「子ども向けのイベント」も開催され、最も混雑します。

この「GW」や「夏休み(盆休み)」時期に日光江戸村に行くのであれば、混雑は避けられませんが、10時頃から混み始めるので、できれば「朝一番」で行くのをおすすめします。

アトラクションやお芝居は、後で時間がなくなってしまわないように、行きたいところから回りましょう。

食事処は12時を過ぎると混み、30分~1時間程度待つこともある上、人気のメニューは品切れになることがあるので、11時台に入店しておくとよいでしょう。

特に暑い時期には、外で待つのは大変です。

日よけのための帽子などを持参する他、十分な水分補給も心掛けてくださいね。

普通の土日であれば、多少の待ち時間はあったとしても、「ゴールデンウィーク」や「夏休み」ほどではありませんから、計画をせるのであれば、連休前後にズラしてしまうのをおすすめします。

通常の平日は混雑の心配はいりません。

予定が自由に組める場合は、ぜひ平日に行ってみましょう。

水曜日はお休みなので気を付けてくださいね。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ