日光東照宮 「鳴き龍(薬師堂)」の由来・意味・伝説・歴史

スポンサードリンク

日光東照宮 「鳴き龍(薬師堂)」の由来・意味・伝説・歴史

日光東照宮には「眠り猫」と同じぐらい見逃せない場所があります。

それは、天井に龍が描かれている「薬師堂(本地堂)」です。

日光東照宮・薬師堂(本地堂)および天井画「鳴き龍」【重要文化財】

日光東照宮 「鳴き龍(薬師堂)」の由来・意味・伝説・歴史↑鳴き龍

↑薬師堂(本地堂)

創建年

1636年(寛永13年/江戸前期)

再建年

1961年(昭和36年)
2013年(平成25年)※修繕

建築様式

一重入母屋造

屋根の造り

銅瓦葺

大きさ

桁行七間(奥行:約14m)
梁間五間(横幅:約10m)
向拝三間(前面庇:約6m)

薬師堂の読み方

日光東照宮の境内には、難しい漢字の表記で読みにくい名前の殿舎がありますが、薬師堂は「やくしどう」と読みます。

この薬師堂は「本地堂」の別名を持ち、「ほんちどう」と読みます。

「本地堂」「薬師堂」の名前の由来と歴史

乱世を終わらせ100年の平和を築いた日光東照宮の主祭神・徳川家康公は、後世、薬師如来の生まれ変わりと信じられるようになりました。

この本地堂は、その家康公の姿を具現化させた本地仏「薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)」をご本尊に据え、祭祀していることから、「薬師堂」もしくは「本地堂」と呼称されています。

「本地堂」「薬師堂」の歴史・由来

薬師堂(本地堂)は、寛永の大造替の時に建てられた日光東照宮の中でも最大規模の建物で、その大きさに加え、「総漆塗極彩色」豊かで華麗な外観が特徴的です。

そして、この「薬師堂(本地堂)」は、重要文化財の指定を受けています

薬師堂は神社である日光東照宮内にあるのですが、神仏分離令によって、輪王寺と日光東照宮が切り離されてしまい、輪王寺の管轄になってしまったため、現在は寺院としての扱いになっています。

「薬師堂の鳴き龍」とは?

この薬師堂の、ヒノキ板が34枚もはめ込まれた鏡天井には、狩野派の「狩野永真安信(かのう えいしん やすのぶ)」によって描かれた、縦6m、横15mの巨大な龍の水墨画風の絵があります。

この龍こそが「薬師堂の鳴き龍」と呼ばれている龍の絵です。

 鏡天井(かがみてんじょう)とは?

枠縁を設けずに、スギやヒノキなどの板を、鏡のように平らに敷き詰めて仕上げた天井。

 狩野永真安信(かのう えいしん やすのぶ)とは?

江戸時代の狩野派の絵師。画家として異色の才を放つ狩野派の中でも、駄作が多く、特に才能が劣るとして後世まで語り継がれている人物です。
しかし、薬師堂の「鳴き龍」を見る限りでは、それが単なる噂であることが容易に理解できます。

天井に龍が描かれる理由とは?

龍の天井画は、日光東照宮(輪王寺)の薬師堂以外にも、日本中の仏教寺院にあります。

有名どころとしては、京都の建仁寺、東福寺、妙心寺、天龍寺などが挙げられます。

お堂の天井に龍が描かれる理由としては、以下のようなことがあると言われています。

  • 龍神は水を司る神なので、寺を火災から守るという意味が込められている。
  • 龍は雨を降らせる力があるとされることから、「法の雨(のりのあめ)」を降らせると言われているため。
 法の雨とは?

仏教の教え(法)がすべての衆生(しゅじょう)を救うということを、万物を潤す恵の雨に例えた言葉。
「法の雨を降らせる」とは、仏教の教えを広め、衆生を救うという意味。

薬師堂の「鳴き龍」が別名で「鈴鳴龍」と呼称される理由とは?【音声・動画付き】

薬師堂の龍の絵は、龍の顔の下で拍子を打つとカーンと音が鳴ったあと音が共鳴し、鈴を転がしているような龍の鳴き声に聞こえるため、「鳴き龍」または「鈴鳴龍」と呼ばれているそうです。

拍子を鳴らす場所が龍の顔から離れてしまうと、音が共鳴せず、全く鳴かない場合もあります。

薬師堂の龍の絵が「鳴き龍」・「鈴鳴龍」と呼称されるに至った歴史

薬師堂の龍の絵が「鳴く」ということは、1905年(明治38年)ごろ、初めて東照宮内部を一般公開することになった時に、偶然に発見されたものとされています。

当時、掃除をしていた職員の方が、天井に住みついた鳩(はと)を追い出すために手を叩いたところ、まるで龍が鳴いているように音が反響する現象を発見し、瞬く間にその噂が広まったのだそうです。

以降、まるで龍が鳴いているようにも聞こえることから「鳴き龍」という名前が付けられて、浸透していったと言われています。

なお、薬師堂は1961年(昭和36年)に当時の輪王寺の職員の方の失火による火災によって焼失してしまったため、現在の建物は再建された物です。この時、狩野永真安信によって描かれた龍も焼けてしまったため、現在の鳴き龍は日本画の巨匠・堅山南風(かたやま なんぷう)によって復元されたものです。

鳴き龍が反響によって鳴く理由

このように手を叩くと音が反響して天井の龍が鳴いたように聞こえる理由は、天井の中央部(龍の顔の部分)が屋根の方向へ向けて6センチほど反り上がっているためです。

天井が高いので、肉眼では真っ平らな天井に見えるのですが、実は、四隅から中央部にかけて天井板がわずかに湾曲しているため、小ホールのような環境ができ、音が天井と床との間で反響しやすくなっていたのです。

ちなみにこのような現象を「フラッターエコー(定在波)」現象と呼ぶそうですが、このような現象が起こる条件は主に次のとおりです。

  • 床と天井に硬質の木板を使用している(音がよく反響する)
  • 天井の中央部が凹んでいる(音が拡散しにくく、より長い時間聞こえる)

フラッターエコーとは、いわゆる音響障害のことであり、薬師堂の鳴き龍の声が顔の部分でしかよく聞こえない理由は、天井の中央部分(龍の顔の部分)がわずかに凹んでいるためです。

なお、1961年(昭和36年)に再建されるまでは、1636年の創建時の建物がそのまま現存していたことになりますので、約400年の時を経る過程で、湿気や乾燥の影響によって、天井板が自然に湾曲していたったものだと推測されています。

現在でも1961年に焼失した時とまったく同じ音が聞こえますが、これはなんとぉぅ!1961年の再建時に以前の薬師堂を忠実に再現したことから、天井板も以前のまま音が反響するようにわざわざ6㎝中央部へ向けて湾曲を付けたからなんだそうです。
(建築専門用語では、天井板などに湾曲をつける技法もしくは付くことを”起くり(むくり)”と呼称するようです)

画像引用先:https://blogs.yahoo.co.jp/kuhiko5107279/

再建時には、生研(東京大学生産技術研究所)の教授やそのチームがによる、鳴き龍の声や薬師堂の形に関する研究が行われました。

まず、研究チームでは、焼失前の唯一の「龍の鳴き声」の音源である、1954年(昭和29年)のNHKが録音したテープの音の分析が行われ、再建後も以前の鳴き龍を復元できる可能性があるという結論に達しました。

そこで、薬師堂の「鳴き龍」があった内陣の4分の1スケールの模型を製作し、むくりの大きさや拍子木を打つ位置の違いによる音の質や長さの変化を確認するため、幾度もテストしたとのことです。

かなり入魂して再建された堂舎であることが分かりますね。

終わりに・・

薬師堂の鳴き龍を見たあとは、「鈴鳴龍守」を購入するのもいいかもしれません。

穴があいていないのに君の瞳のようにキレイな音色がする鈴です。

色も青や緑、白や桃色もあるので選ぶのも楽しいですね。ウフ

 

鈴鳴龍守を始め、日光東照宮で購入できるお守りの一覧は、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています!

日光東照宮のお守りの種類と値段(価格)と効果(ご利益)

日光東照宮・鳴き龍(薬師堂)の場所

陽明門を向かい見て左脇の最奥、鼓楼と陽明門の回廊の間を進んだ先に位置します。
薬師堂(本地堂)の正面には「鳴き龍」と大きく看板が出ています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ