日光東照宮・神楽殿【重要文化財】

スポンサードリンク

日光東照宮・神楽殿【重要文化財】

創建年

  • 不明
  • 1615年(元和元年)から1660年(万治3年)
  • ※推定:1635年(寛永12年)
建築様式(造り)

  • 入母屋造
  • 一重
大きさ

  • 桁行三間(奥行:約6m)
  • 梁間三間(横幅:約6m)
屋根の造り

  • 銅瓦葺
重要文化財登録指定年月日

  • 1908年(明治41年)8月1日

「神楽殿」の読み方

神楽殿は「かぐらでん」と読みます。

日光東照宮・神楽殿の役割

日光東照宮の神楽殿は「神楽(かぐら)」と呼称される「踊り」を奉奏(ほうそう=奉納)する場所です。

日光東照宮の神楽殿で奉奏される御神楽の種類

八乙女神楽

「八乙女神楽」とは、「やおとめかぐら」と読み、これは何も日光東照宮特有の神楽ではなく、古来から伝承される神楽を舞う際の決まりのようなものでもあります。

詳しくは、神楽を舞うのは「八乙女(やおとめ)」と呼ばれる8人巫女で、江戸時代は二荒山神社の8人の巫女が、それぞれ世襲制で務め、これが八乙女の呼称の由来になります。

上述したように、この当時の東照宮の巫女たちは、もともとお隣の日光二荒山神社に仕える巫女たちでしたが、日光東照宮が創建した後に東照宮へ移籍して、3石5斗2人扶持(約3年間分の米の量を1年で調達できるほどの身分)の身分と土地を与えられていたと伝えられています。

現在ではこの世襲制は無くなり、8人で舞うと言う決まりも無くなっています。

したがって、大祭のときにはお隣の日光二荒山神社から巫女さんが派遣されてくる形で手伝ってもらっているようです。オホ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






ところで・・神楽とは?

神楽の語源は「神のいる所」という意味の「神座(かむくら・しんざ)」だと云われます。

神座とは、巫女を媒介として神様の神霊に降臨していただき、巫女が「神がかりの状態(神様の魂が巫女にお宿りした状態)」になり、神様のお告げや警告を告げるなどの神聖な場所になります。

%e3%81%8a%e7%a5%9e%e6%a5%bd

神様に降臨を願う時に、巫女は舞(御神楽)を舞うことで神様と通信を行い、この舞こそが神楽のことです。

なお、この御神楽にはいくつかの種類や系統が存在し二荒山神社や東照宮で奉奏される「八乙女神楽」もそのうちの1つになります。

日光東照宮・神楽殿の建築様式(造り)

日光東照宮・神楽殿は全体的に見て和様で造られている感が否めません。

側壁の蔀戸や蟇股、垂木、極彩色で彩られた内法長押などを柱間に用いているのは、その典型例です。

また側壁に下ろした蔀戸(しとみど)や角柱、軒を出に長さが感じられるなど、住居の様式も採り入れられてい‥‥‥申す。ガハっ

神楽殿の内部の構造

この神楽殿の内部は2部屋あり、正面が舞台になっています。

舞台後方は「装束の間」と呼称される、御神楽を舞う際の着衣の着崩れなどの手直しをしたりする場所が設けられてい‥‥‥申す。グハっ

この内部の舞台は御祭神に奉奏するための舞(神楽)であるので、本殿の方角を向いています。

神楽を披露することをしばしば「神楽を奉奏する・奉納する」と言った言い方をするのも、神様へのお供え物の1つとして捉えられるためです。

また殿舎の正面入口を含めて四方から神楽を舞う姿が一般の参拝客にも見えるように、上へ開く網目状の「蔀戸(しとみど)」になっています。

⬆️向かい見て右側面から見た神楽殿

%e7%a5%9e%e6%a5%bd%e6%ae%bf%e3%83%bb%e8%94%80%e6%88%b8⬆️噂のウワサの蔀戸

神楽殿の彫刻

神楽殿の彫刻に目をやると、向かって正面西側の壁面は「花籠(はなかご)」を模した浮き彫り、花鳥、唐草(からくさ)を用いるなど、雅やかな和様を表現しようとした工夫が見えまする。

⬆️ウワサのウワサの花籠の浮き彫り

神楽殿は普段は閉ざされており内部を見学することは叶いませんが、御神楽が奉奏される例大祭の時などには蔀戸が一斉に開放されます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






神楽殿・神輿舎・上社務所(祈祷殿)の大きさは同じ!

陽明門の内側に位置するこの神楽殿の手前の空間は言わば、中庭になっており、この中庭には神楽殿と同じ形状をした神輿舎、上社務所(祈祷殿)が並存していますが、実はこれらの建造物は三間四方という同じ大きさで建てらています。

これは中庭の景観というか、見栄えを意識して映えあるものとするための視覚的工夫が凝らされたと見れます。

この3棟の建造物を比較して見ると、神楽殿は和様主体で建てられ、上社務所(祈祷殿)がその逆で唐様(禅宗様)、神輿舎はその間を採る形で和様と唐様をうまくミックスくすクスふぁ〜コチョば‥‥させた折衷様(せっちゅうよう)が見えます。

こホンっ!

‥‥‥え〜、まぁ、以上のように視覚的な見栄えを映えあるものとするために配置と外観にコダわり抜いた卓越した表現技法が窺えまする。

⬆️神楽殿

⬆️上社務所

⬆️神輿舎

日光東照宮・神楽殿の場所(地図)

日光東照宮・神楽殿は、陽明門の内側の右端、神輿舎と対峙する形で建っています。

この神楽殿は「眠り猫」の入口の手前に位置するため通り過ぎる方がほとんどですが、日光東照宮の見どころの1つとして捉え、是非!ジックリと見学なさってください。

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ