日光東照宮(日光山・輪王寺)に限定の御守り(御札)があった!!「鬼門除札」について

スポンサードリンク

日光東照宮(日光山・輪王寺)に限定の御守り(御札)があった!!「鬼門除札」について

日光東照宮、そして、日光山輪王寺、日光二荒山神社と、それぞれに御守りがあり、多種多様な御守りが授与されています。

その中にも、「限定の御守り(御札)」があります。

この御札は、日光東照宮(輪王寺)の数ある御札の中でも、少し別格の御札となります。

この御札の名前を「鬼門除札」といいます。別名で「壁掛札」とも呼ばれます。

↑「日光輪王寺・鬼門除札」

「鬼門除け札」とは?「鬼門除け札のご利益」

このお札は鬼門から侵入する厄災を跳ね返し、さらに家族の運気を上昇させるご利益が込められたお札です。

人間が一生を歩む中で、厄年を例とした運気が下がるような時期が周期的に訪れます。

このような時期に採った何気ない行動が、その後の人生を大きく狂わせたりすることがあります。

こういったこともいわゆる厄の1つであり、破運を招く結果にならないためにこのお札があります。

 

「鬼門除札」の裏側

この「鬼門除札」のをよく見ていると、御札の裏に何か付いているのが、分かります。

裏側には「角大師護符(つのだいしごふ)」と呼ばれる護符が挟んであります。

「角大師」とは?

「角大師」とは一見すると「悪魔」のように見えますが、この悪魔の正体は「元三大師(がんざんだいし/天台宗18代座主)」が自分を襲いに来た疫病神と戦うために、悪魔に変化した姿だと伝えられています。

結果、疫病神は消滅もしくは退散してしまうのですが、そんな由緒を持つことから、古来、鬼門除けの「魔除け札」として用いられています。

まさに元三大師の法力が宿ったお札だと例えることができます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






「角大師護符」と使用方法

東照宮(輪王寺)で「鬼門除札」の入った封書を授かり、家に帰ってその封書を開けると「鬼門除札」ともう1枚、一緒に同封されている「角大師護符」という小さな御札があるのが、分かります。

「角大師護符」と使用方法

しかし、この御札、どうやって使用するのだろう?

などと思っていますが、御札以外にも一緒に同封されている、使用方法が記載された紙を読むと、どうも先ほどの「鬼門除札」の裏側の御札を入れるスペースに、この「角大師護符」を入れるようになったいるようです。

「角大師護符」の使用方法

  1. 「角大師護符」からお札を抜きとる。
  2. お札の裏面に家族全員の名前を書く。
  3. 護符に戻す。
  4. 居間などの北東(鬼門)の壁もしくは柱に吊り下げる。
お札の交換次期

鬼門除札の交換次期は、星が変わる日である2月4日(立春)を基準に交換します。

完全に交換するのでなく、前年度の鬼門除札の上に重ねる形で吊り下げても良いとのことです。

古いお札がたまってきたら、自宅の庭でお焚き上げ(浄焼)するか、輪王寺へ持ち出してお焚き上げしもらう、もしくは近くの寺社のとんど焼きなどを利用してお焚き上げするなどの方法で燃やしても構わないとのことです。

すなわち、例えば遠方の方で、自宅の付近にお焚き上げをしていただく場所が無い場合は、自宅の庭先などで「1年間御守りいただてありがとうございます」との感謝の意を添えて、燃やしてもよいそうです。

ちなみにこの御札、3年間有効な御札となっているようですが、1年毎に新しい御札が自宅へ送られてきます。(計3回)

日光東照宮「鬼門除札」の値段(初穂料)

  • 3000円

日光東照宮「鬼門除札」を飾る場所

  • 居間・リビングルームなど
  • 家の鬼門となる方角(北東)

日光東照宮「鬼門除札」のご利益

  • 除災
  • 家内安全
  • 家族全員の健康祈願
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ