日光山・輪王寺「相輪塔/相輪橖 (そうりんとう)」

スポンサードリンク

日光山・輪王寺「相輪塔/相輪橖(そうりんとう)」【重要文化財】

日光山・輪王寺「相輪塔(そうりんとう)」

創建年

  • 1643年(寛永20年)
塔高

  • 13.3m(礎石からの全長:17.5m)
材質

  • 青銅製
重要文化財指定年月日

  • 1917年(大正6年)8月13日
作者(発願者)

  • 南光坊天海(なんこうぼうてんかい)

日光山・輪王寺「相輪塔」の読み方

日光山・輪王寺には、難しい漢字の表記のお堂や仏像が安置されておりますが、「相輪塔」は「そうりんとう」と読みます。

ところで・・「相輪塔」とは?

神橋を上がった先の日光東照宮へ通じる「表参道」を2分ほど進むと、やがて右手に輪王寺の「黒門」や「護摩堂」が見えてきます。

その護摩堂の手前には摩訶不思議な「ロケット」のような形をしたモニュメントのようなものが建てられています。

このロケットモニュメントこそが相輪塔です。

相輪塔は天台宗(台密)特有の仏塔であり、内部に経典をおさめることによって邪気を祓い、聖域を守護していると云われています。

なお、察しになられた方もいると思われますが、「相輪」とは五重塔や三重塔の最上層の屋根の上で見かけることのできる「あのクソ長い金具」のことです。

⬆️写真は浅草寺五重塔

「相輪塔」が造立された理由

この相輪塔が建つ場所は東照宮の鬼門にあたる方角とされ、その鬼門に建てられた「供養塔」でもあります。

したがって「鬼門除けや鬼門封じの効果」も併せ持っています。

他にも「平和」の意味が込められているともいいます。

「鬼気(忌わしい気)」を祓い、国家の安寧を願った塔であるとも云われております。

そんなこともあり「相輪塔」の内部には、「1000部を越す経典」が納められています

「相輪塔」は、日本にたった3基しか存在しない?!

こういった「相輪塔」は、日本にたった3基(3本)しか存在しないそうです。

日本に現存する「相輪塔」は以下の3つの場所にあります。

  • 比叡山・延暦寺
  • 大慈寺(栃木県都賀郡)
  • 日光山・輪王寺

スポンサードリンク -Sponsored Link-






日光山・輪王寺「相輪塔」の歴史・由緒

2016y02m08d_161139978

「相輪塔」は、1643年(寛永20年)に徳川家光公の発願によって、南光坊天海大僧正が比叡山(延暦寺)の相輪塔を模して制作されたと伝えられています。

当初は奥院(奥社)に建てられていたようですが、二荒山神社の境内に移築されたそうです。

その後、明治初頭に発令された「神仏分離令」の直後、現在の場所に移されています。

えっ?!相輪塔はまだ他に結構、建てられている?!

実は、こういった「相輪塔」は、昔はもっと数があったそうです。

それが現在では、たった3基しか現存していない、といったこととなりますが、元来、この「相輪塔」を広めたのは「台密(たいみつ)」と称される天台宗の始祖・最澄(さいちょう)だと云われております。

「相輪塔」には、国家鎮守のご利益があるとされ、東西南北の鬼門たる方角と、鎮守の要となる「中総」に、この「相輪塔(六所宝塔/ろくしょのほうとう)」を配置することによって、邪を打ち祓うことができると云われております。

日本(天台宗)における東西南北を司る鬼門の方角と中総の鎮守

  • 上野国「東」安東宝塔・「緑野寺(浄法寺)」
  • 筑前国「西」安西宝塔・「竈門山」
  • 豊前国「南」安南宝塔・「弥勒寺(宇佐神宮/筥崎宮)」
  • 下野国「北」安北宝塔・「大慈寺(日光山)」
  • 山城国「中」安中宝塔・「比叡山 西塔・比叡山相輪塔」
  • 近江国「総」安総宝塔・「比叡山 東塔・法華総持院東塔」

の6ヵ所になります。   

普通なら通り過ぎる「相輪塔のこんな見どころ」

2基の灯籠

ちょっと相輪塔の前を見てください。燈籠が2基あるのに気づきませんか?

相輪橖・銅灯籠

  • 奉納日:慶安元年(1648年)4月
  • 奉納者:江戸・大阪・長崎の「糸割符(いとわっぷ)」商人一同

⬆️左側の灯籠

⬆️右側の灯籠

実はこの燈籠にはちょっとした曰くがあったのをあまり知られていません。

この燈籠は徳川家康公に中国生糸の輸入販売を許可してもらった、江戸や大阪、長崎の生糸商人たちが、出資しあって寄進した燈籠になります。

「糸割符」とは「いとわっぷ」と読みます。江戸時代では幕府の管理のもと「独占的輸入権」と「独占的卸売権」が幕府の公認を受けた国内商人へ与えられていました。

それらの商人たちが自分たちの成功のもととなった家康公へ、お世話になったお礼を兼ねて寄進したそうです。

西洋風の特徴的な燈籠なので相輪塔へ訪れた際は、是非!じっくりと見てください。ウフ

⬆️商人の刻銘が今も残る

⬆️「想像の像」と全く同じ構図の像。下絵の作者は狩野永徳と思われる。

⬆️台座の獅子は陽明門前の「飛び越えの獅子」の構図と類似

⬆️火袋には音声菩薩が刻まれる

⬆️家康公が敬愛した中国の「舜帝」の儒学的な思想が描かれている。この構図は陽明門や本殿にも見られる。

4本の副柱(そえばしら)と内部に納められているもの

相輪塔は中央の天をも貫きそうな長い柱と、中央の柱の半分くらの長さの4本の柱(副柱)がセットになっています。

4本の柱が支える中央のビッグ柱には金鈴と金の瓔珞が飾られており、最澄と天海僧正の銘文が残されています。

さらに内部には上述、1000部もの経巻が納められています。

相輪塔(相輪橖)の場所(地図)

輪王寺・相輪塔(相輪橖)は大護摩堂の前に位置します。宇宙ロケットのような容姿をしていますので、見ればすぐに分かります。宇宙行けそぅ

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ