日光二荒山神社(末社)・日枝神社【重要文化財】

スポンサードリンク

日光二荒山神社(末社)・日枝神社【重要文化財】

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e6%97%a5%e6%9e%9d%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1

創建年

  • 不明
  • 推定:848年(嘉祥元年)
再建年

  • 1648年(慶安元年)から1651年(慶安4年)頃
建築様式・造り

  • 正面入母屋造
  • 背面切妻造
  • 一重
屋根の造り

  • 銅瓦葺
大きさ

  • 桁行一間(奥行:約2m)
  • 梁間一間(横幅:約2m)
重要文化財指定年月日

  • 1973年(昭和48年)6月2日
御祭神

  • 大山咋命
神事

  • 例年6月15日
発願者

  • 円仁(慈覚大師)

日光二荒山神社・日枝神社の読み方

日光二荒山神社の境内には読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが、日枝神社は「ひえじんじゃ」と読みます。

日光二荒山神社・日枝神社の歴史・由来


スポンサードリンク -Sponsored Link-






日光二荒山神社の日枝神社は、有料エリアとなる「神苑」の中にあります。

朱色の丹塗りの小さなお社で848年(平安時代)、円仁(慈覚大師)が日光を訪れた際に創建したのが始まりとされています。

円仁は、実は日光のある下野国の出身で、後に最澄の弟子になり、天台宗の3代座主になったほどの人物です。

円仁は遣唐使として唐へ渡海し、唐から帰国した後は日本各地を旅し、唐で学んだ教えや修法を広めたばかりでなく、多数の寺院の建立や再建にも携わっています。

その過程において、この日光へ訪れたという経緯については定かではありませんが、日枝神社と山王信仰が天台宗から派生したものであると言うことは確かなようです。

尚、この二荒山神社の日枝神社では毎年6月15日には例大祭が執り行われます。

日枝神社のルーツとは?

全国にある「日枝神社」のルーツは、比叡山の麓にある「日吉神社(ひよしじんじゃ/=日吉大社)」です。

比叡山は、もともと「日枝山(ひえのやま)」という名称で呼ばれていたということで、「日枝神社」の名前の由来となりました。

日吉神社も、古くは日枝神社と呼ばれていたようです。

日光二荒山神社・日枝神社の建築様式(造り)

日枝神社の殿舎も日光東照宮の境内の建造物の特徴と類似しており、極彩色で彩られています。

正面の扉は、黒漆塗りの四辺に金色の装飾が施された開き扉が据えられており、豪華な仏壇を彷彿とさせます。

縁(えん)は背面を除いた三辺に回されており、「背面は切妻造り」で「正面は入母屋造り」と言う一風変わった様式で造営されています。

このように正面に向拝を設けず、入母屋造りの屋根をそのまま向拝としているのは稀有な造りと言えます。

日光二荒山神社・日枝神社の御朱印

この日枝神社にもオリジナルの御朱印があります。

中央に日枝神社の墨書きがあり、右にご利益の1つでもある「健康守護」の墨書きがあります。

%e6%97%a5%e5%85%89%e4%ba%8c%e8%8d%92%e5%b1%b1%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e6%97%a5%e6%9e%9d%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%81%ae%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0

  • 御朱印の値段:300円
  • 御朱印の授与場所:境内入口の社務所

日光二荒山神社・日枝神社の御祭神「大山咋命」

大山咋命は「おおやまくいのみこと」と読み、「おおやまくいのみこと」の「くい」とは「」のことを意味し「おおやまくい」とは、大きな山に杭を打つ、つまり山を所有し治めるという意味合いなると云われています。

名前だけで読み進めると「クソデカイ山を食うミコち~」と言う風にも受け取れます。

最澄はこの大山咋命を比叡山や延暦寺(えんりゃくじ)の結界を守る守護神として祀っていますが、日光二荒山神社の日枝神社では「山と健康の神」との由来があります。

また、大山咋命は比叡山の山の神様で、日本各地の日枝神社も、総本山である日吉大社(日吉神社)から、神様をわけてもらって祀っています。(=勧請/かんじょう)

そして比叡山と言うと、上記の天台宗の総本山・延暦寺があります。

天台宗の開祖である最澄が比叡山延暦寺を開いた時、最澄は大山咋命を始めとする山の神々を「山王(さんのう)」と呼称し、比叡山や延暦寺の守護神としました。

最澄が延暦寺の守護神として理由とは、日本には古くから「山は神が宿る場所である」あるいは「山は神である」という「山岳信仰」があったからです。

現在でもこの山岳信仰は日本人の遺伝子に脈々と受け継がれており、山へ入り祈願するために毎年、多くの人々が登山(登拝)されています。

天台宗から生まれた神道があった!?「山王神道と山王神社」

平安時代以降、最澄の弟子や後継者たちによって天台宗が全国に広まるのと同時に、天台宗の教えと山王の信仰を組み合わせた「山王神道」と呼称される思想も広まりをみせました。

後に山王神道は、日本各地に日吉神社、日枝神社、または山王神社と呼ばれる神社ができるほどに発展を遂げます。

そして上述したとおり、現在でもこれらの神社は現存しており、全盛期より数は減ったものの、それでも日本全国で約3800社もの神社が現存しています。

身近な場所ですと、中禅寺湖の湖畔にある、二荒山神社の中宮祠にも「山王社」があります。

日枝神社に祀られているのが山の神だという点においては、男体山、女峰山、太郎山と言った各・山の神を祀る日光二荒山神社との共通点が見出せます。

日光二荒山神社・日枝神社の場所

日光二荒山神社・日枝神社は神苑の受付を入って右手に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ