行かずして何とする~!日光鬼怒川ライン下り(川下り)の乗船料金・割引料金・所要時間・見どころ・アクセス(行き方)」

スポンサードリンク

行かずして何とする~!日光鬼怒川ライン下り(川下り)の乗船料金・割引料金・所要時間・見どころ・アクセス(行き方)」

日光東照宮へ訪れたら、次の観光地として挙げられるのが、やはり鬼怒川温泉方面です。

しかし鬼怒川温泉郷へ辿り着く前には、実は日光を代表する観光スポットがいくつかあります。

限られた日数での旅行において、1日のスケジュールを立てる際には、複数の目的地を順序良く回ることが大切です。

そこでご紹介しておきたいのが、鬼怒川温泉駅から徒歩約5分圏内に位置する「日光鬼怒川ライン下り」です!

でも、これでは東照宮の前に鬼怒川温泉駅まで行ってしまうのでは?・・などと思われた方もいると思われますが・・ご安心ください!

日光鬼怒川ライン下りは鬼怒川を「小船」で東照宮の方角へ下っていくことになります

%e9%ac%bc%e6%80%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%b8%8b%e3%82%8a下船する場所(終点)は「日光江戸村」や「日光さる軍団」「東武ワールドスクウェア」から徒歩約5分から15分圏内の場所になります。

さぁて、日光観光のスケジュールをすでに決めていたそこのあなた!!

以下では、あなたにぜひ体験していただきたい「日光鬼怒川ライン下り」の料金や割引・セット券の情報、見どころなどをご紹介します。

もう1度、旅のスケジュール・・「練り直してみませんか?」

日光鬼怒川ライン下りの基本料金

  • 大人:2,800円(税込)
  • 小人:1,800円(税込)
  • 幼児 (1歳から3歳):600円(税込)

日光鬼怒川ライン下り「貸し切り」の料金

  • 25名様まで:75,000円

日光鬼怒川ライン下りの割引料金と割引適用媒体一覧

団体割引

  • 30名様以上:2,600円
  • 100名様以上:2,400円

平日限定・半額割引券

日光鬼怒川ライン下りでは、平日の15:45発の船のみなんと!料金が半額で乗船できます。

ただし注意点があり、土・日・祝日、GW期間中と8月は適用外になります。

日光鬼怒川ライン下りのホームページからの予約割引

日光鬼怒川ライン下りのホームページには、以下のような割引クーポン券の画像があります。

公式ホームページからのクーポン割引は現在行われていません。

前売り券購入割引

日光鬼怒川ライン下りには予約が必要となりますが、以下のようなセット割引前売り券があります。

  • 鬼怒川ライン下り・鬼怒川温泉ロープウェイセット券
    詳細は以下にてご確認ください!

日光鬼怒川ライン下り・鬼怒川温泉ロープウェイセット券の料金

  • 大人ライン2,800円+ロープウェイ1,100円=3,900円→3,300円(600円割引)
  • 小人ライン1,800円+ロープウェイ550円=2,350円→2,000円(350円割引)

鬼怒川温泉ロープウェイに乗車することで猿くんたちがたくさん生息する「おさるの山」へ訪れることができます。
鬼怒川温泉ロープウェイの乗り場は、鬼怒川温泉駅のもう1つ先の駅である「鬼怒川公園駅」から徒歩約15分ほどの場所になります。(あさやホテルの裏側)

販売場所

  • ライン下りの受付
  • ロープウェイの窓口
  • 提携ホテルフロント

クーポン関連の割引券

他にも鬼怒川ライン下りには過去に、下記のような「割引クーポン券」が存在していましたが、2018年現在は廃止となっています。

  • H.I.S.クーポン
  • SPAK割引チケット(クーポン)

今後、何らかのクーポンが発行される可能性はありますので、各自クーポンサイト等をチェックしてみることをおすすめします。

なお、各種クーポンをお持ちの方も、予約優先の乗船となりますので、事前予約がない場合、乗船できないこともあります。ご注意くださいね。

日光鬼怒川ライン下りの乗船方法と予約について

まず、日光鬼怒川ライン下りを楽しむためには事前に前述したとおり「予約が必要」となります。

しかし予約が必ず必要なワケではなく、当日空席があれば乗船することができます。

ただしあくまでも空席があればの話です。

予約方法は下記の電話番号へダイヤルして口頭で当日、乗船する人数を伝えます。

  • TEL:0288−77−0531
  • FAX:0288−76−1378

予約をキャンセルした場合は、場合によってはキャンセル料金が発生しますので注意が必要です。

尚、予約状況については直接、鬼怒川ライン下りまでお問い合わせください。

日光鬼怒川ライン下りの営業期間・定休日

日光鬼怒川ライン下りは、営業している時期としていない時期がありますので注意が必要となります。

基本的に冬の間は休みとなり、雪解けの春に再開されると言った周期的な営業になっています。

  • 営業時間:4月中旬から11月下旬まで
  • 定休日:期間中無休で営業

2018年の場合は、4月16日に営業を再開していますので、目安にしてくださいね。

日光鬼怒川ライン下りの所要時間(出発時間・到着時間)・距離

  • 所要時間(乗船時間):約40分
  • 距離:約3.6キロ

出発時間と到着時間

9:00⇒9:40着
9:35⇒10:15着
10:10⇒10:50着
10:45⇒11:25着
11:20⇒12:00着
11:55⇒12:35着
12:50⇒13:30着
13:25⇒14:05着
14:00⇒14:40着
14:35⇒15:15着
15:10⇒15:50着
15:45⇒16:25着

日光鬼怒川ライン下りの乗船場の場所

鬼怒川ライン下りの乗船場所は「鬼怒川金谷ホテル」の裏側になります。

鬼怒川温泉駅から徒歩約10分ほどの場所になります。

アクセス方法は後述していますのでソチラをご覧ください。

日光鬼怒川ライン下りの下船場の場所(終点)

鬼怒川温泉駅の1つ前の駅の東武・小佐越駅から徒歩で約10分くらいの国道121号線道路脇の「大瀞ドライブイン」の下(川辺)になります。

日光鬼怒川ライン下りの乗船場所と下船場のMAP(地図)

%e6%97%a5%e5%85%89%e9%ac%bc%e6%80%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%b8%8b%e3%82%8a%e3%81%ae%e4%b9%97%e8%88%b9%e5%a0%b4%e6%89%80%e3%81%a8%e4%b8%8b%e8%88%b9%e5%a0%b4%e3%81%ae


スポンサードリンク -Sponsored Link-






下船場から乗船場所まで帰ってくる方法

最初にこの疑問点に到達する方は勘の鋭い方だと思われますが、川下りをしたその後、どうやって元の場所へ帰ってくるのか?・・と言う疑問点が生まれます。

しかしご安心を!料金無料のチャーターバスや路線バスも運行していますので、これらのバスに乗車することで帰って来れます。

チャーターバス

チャーターバスは約15分間隔で乗船場所と下船場所の川辺から上の道路へ上がった先にある「大瀞ドライブイン」の間をピストン運行しています。
チャーターバスを利用する際は、乗船する前に口頭で利用することを伝えます。

尚、下船場所からはその他に、鬼怒川ロープウェイの乗り場までの「無料シャトルバス」も運行しています。(詳細は「鬼怒川ロープウェイ(TEL:0288-77-0700)」までお問い合わせください)

定期路線バス(日光交通バス)

日光交通のバスが大瀞ドライブインを経由しています。
ちなみに下船場所の付近には「東武ワールドスクウェア」や「日光江戸村」「日光さる軍団」と言った日光の一大観光スポットが位置しており、下船後は直接これらの観光スポットへアクセスすることができます。

  • 大瀞ドライブインから「鬼怒川温泉駅」までのバス所要時間:約12分
  • 大瀞ドライブインから「東武ワールドスクウェア」までのバス所要時間:約5分
  • 大瀞ドライブインから「日光さる軍団」までのバス所要時間:約10分
  • 大瀞ドライブインから「日光江戸村」までのバス所要時間:約5分
  • 大瀞ドライブインから「ウェスタン村」までのバス所要時間:約5分

つまりライン下りの下船場所からは、おおよそ約15分圏内で日光の主要観光スポットにアクセスできることが分かります。

観光スケジュールの変更は今からでも遅くはありません!

日光鬼怒川ライン下りの見所(見どころ)

日光鬼怒川ライン下りには、エキサぅわぃイぅぃティング!OHイェ~・・なだけではなく、見どころがあります。

その見どころとなるのが、なんと言っても以下↓でご紹介するような鬼怒川の「奇石(きせき)」と呼称される「変わった形状の石(岩)」です。

%e6%97%a5%e5%85%89%e9%ac%bc%e6%80%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%b8%8b%e3%82%8a%e3%83%bb%e7%b8%a6%e5%b2%a9以下ではスタート地点から見れる奇石の順番で紹介しておきます。

尚、楽しみが薄れてしまうことになりますので各岩はの画像は敢えて載せません。実際に目で見てみてください。

楯岩(たていわ)

”楯岩”の由来は少し分かりにくいかもしれませんが、”盾(たて)”ではなく、正式には”縦”の方です。
その名のとおり、巨大な縦向きの岩が威風堂々と立ち並び、威圧感に圧倒され戦々恐々とした気分に陥ります。

象岩

その名のとおり、象に似ている岩です。
岩の上で長い鼻を伸ばした象の姿の岩です。
なんと!象が水を飲む瞬間の形をした岩です。

ゴリラ岩

この岩も同じくゴリラに似た岩です。
なんと!「ゴリラの横顔」に似た岩になります。
少しゴリラの横顔を思い出してみてください。
ゴリポンの顔って凹凸があって特徴的な顔をしています。

軍艦岩

この岩は「あ”っ!」などと小汚いおバカな奇声をあげて、思わず吠えてしまう方もいるほどの岩です。
岩を見れば分かりますが「巨大な船の船先」に見えて、そこから後ろの岩が「船の船体部分」に見えます。

熊岩

この岩をよく見るとやや斜め前から見た「熊」の形に見えます。
分かりにくいのよく見なければ分かりません。

積木岩

この岩もその名のとおり、岩1つを正方形の積み木に見立てた岩です。
確かに正方形の岩が積み重なっているように見えます。
でもね。正直、岩って雲と一緒でどんな形にも見えてくるもんなんです。
まぁ、個々で見え方が異なると言うのもまた1つ魅力かも知れません。
ひょっとすると、物凄い岩を大発見することになるかも知れません。

注意点としては、カメラは落とさないように手首にシッカリとかけておくのと、メガネは両方のテンプル部分(棒の部分)にゴム紐などを装着して、急な揺れでも川に流されないようにしておくことが重要です。

その他の見どころ「大瀞ドライブイン 」

忘れてはいけないのが下船場所、つまりはライン下りの終点でもある「大瀞ドライブイン 」です。

ちなみに「大瀞」とは「おおとろ」と読みます。

このドライブインには店舗が入っており、この店では日光天然氷を使用した「かき氷」や定食などを食べることができます。

%e5%a4%a7%e7%80%9e%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%82%a4%e3%83%b3その他、ソフトクリームやコーヒーなどの喫茶店メニュー、「おでん」や「うどん」までメニューが豊富に取り揃えてあります。

オススメは「山椒味噌風味の団子」と、やはり「天然氷のかき氷」です。

%e5%a4%a7%e7%80%9e%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%81%8d%e6%b0%b7 %e5%a4%a7%e7%80%9e%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%9b%a3%e5%ad%90

奇声をあげた後は、腹も減るのでドテッ腹にシコタマ流し込んでおきましょう!

ところで・・日光鬼怒川ライン下りの船は「貸切り」??

日光鬼怒川ライン下りの船を画像や写真で見ると、それほど大きい船でないことが分かります。

しかしこの船、実は「貸切り」ではなく「乗合」の船になります。

つまり他の不特定多数の観覧客との相席することになります。

ただ相席と言っても電車のように顔を向かい合わせると言ったことはなく、バスの座席のように相手の背中しか見えませんので、あまり気にする程のことでもありません。

どうしても相席が苦手な方は乗船を再検討する必要があります。

但し、船を「貸切り」にすることも可能なようです。

貸切りの料金や定員に関しては既に上記でご案内していますのでソチラをご覧ください。

尚、小船でありながら船頭(せんとう/漕ぎ手)は「船先」と「船の最後尾」に各1人ずつの合計2人いますので安心して乗船できます。

雨天・荒天時の営業について

日光鬼怒川ライン下りは小雨程度であれば営業されるようですが、大雨や雷雨、強風などが影響して川の水が増加して、氾濫しそうな場合は営業を中止することがあります。

天候に関しても上記の日光鬼怒川ライン下りへ直接問い合わせてみてください。

乗る際の服装について

船は急流を下りますので、水しぶきが舞い飛びます。

従って、濡れても構わない服装をするか、レインコートなどを持参するのが賢明です。

その他、国土交通省からの取り決めにより「救命胴衣」の着用が義務付けられていますので、受付で用意されている救命胴衣を着用します。

救命胴衣の種類

  • 大人(中学生以下)
  • 小人(4歳から小学生)
  • 幼児(1歳から3歳)
救命胴衣の料金

  • 無料

注意点としては、救命胴衣の着用を嫌うお子さんがいる場合は乗船できないこともあります。

乗船する際の荷物について

日光鬼怒川ライン下りでは、手荷物を預かる場所がありませんので、手荷物を抱き抱えて乗ることになります。

従って、手荷物が濡れたら困る方は、事前に宿泊されているホテルや旅館に置いてくるか、もしくは鬼怒川温泉駅のコインロッカーに預けてくるのが賢明です。

日光鬼怒川ライン下りの後、別の場所へ観光される方などで荷物の量が増える場合は、荷物にビニールなどを被せて防水仕様にすると言った工夫が必要になります。

日光鬼怒川ライン下りの「注意点」

途中下船は不可

日光鬼怒川ライン下りで身体に関わる事故が起こる可能性はほとんどありませんが、万が一を考える方は乗船を控えた方が賢明と言えます。

また、所要時間40分、距離にして約3.6キロもの川をノンストップで下りますので、途中で下船することはできません。

従って、乗船中にMAX状態にならないための対策として、あらかじめトイレに赴き、体内のブツはすべて垂れ流しておく必要があります。

船酔いする方は乗船を控えることも重要!

急流に入ると船は左右上下に大きく揺れるので極度な船酔いに弱い方は控えた方が賢明かもしれません。

ただ、急流を下っていくのであまりノンビリと景色を楽しんでいる暇もなく、「いつ急流が来るのかなぁ?」と、言ったスリル感を味わう自分で精一杯になっているハズです。

つまり、極度な船酔いをする方でも船酔いすることすら忘れているかもしれません。

尚、スリル感に関しては、川の水量によって若干、異なってくるようです。

川の水量が多ければその分スリル感が味わえ、逆に川の水量が少なければスリル感は減少するようです。

日光鬼怒川ライン下りの口コミ・感想

日光鬼怒川ライン下りの口コミや感想を見ていると・・

  • 「下船した瞬間に身体がグッたりとして疲れた」
  • 「呑気に景色を楽しむ時間があまりない」
  • 「スリル感満載!乗船料金が高いと思ったけどこれなら満足!」

・・など他、多数の声があります。

この中で間違いなく言えることは、おそらく「スリル感はかなり味わえる」と思われます。

特に初めて川下りを経験する方であれば、はじめて耳にする「新鮮な川の音」や「自然の音」に包まれて、気持ちが落ち着かず、浮き足立っているハズです。

ただ、遊園地の「ジェットコースター」や「急流すべり」が苦手な方は、予約する際に乗船中の状況を確認しておいた方が良いかもしれません。

混雑状況と混雑回避方法

日光鬼怒川ライン下りが1年でもっとも混雑している時期は夏休みとゴールデンウィーク、秋の紅葉の時期です。

これらの時期は、予定している日に予約ができない可能性がありますので、少し早い段階で予約しておくようにします。

尚、いつから予約が可能なのか?については、直接お電話にてお問い合わせください。

基本的に予約をしますので、それほど混雑を気にする必要はありませんが、当日、訪れる方は混雑回避方法としてなるべく朝一番の時間帯か夕方閉店間際の時間帯(16時くらい)を狙うようにします。

理由としては、日光へ観光に訪れた際、鬼怒川温泉郷で宿泊をする方が多く、先に日光駅から東照宮へ参拝し、その後に鬼怒川方面へ訪れる方が多いからです。

また土日祝日と平日では混雑具合が異なり、平日だと当日でも受付して乗船できるようです。

混雑具合に関しても訪れる前に事前に問い合わせして確認しておくのが賢明です。

日光鬼怒川ライン下りの駐車場

日光鬼怒川ライン下りの駐車場は、日光金谷ホテルの向かって右隣に位置します。
案内の看板が出ていますのでスグに分かります。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%b8%8b%e3%82%8a%e3%81%ae%e9%a7%90%e8%bb%8a%e5%a0%b4

  • 駐車料:500円
  • 収容台数:約150台
  • 料金:3時間(30分間は無料)
  • 3時間以降1時間毎に300円

終わりに・・

日光鬼怒川ライン下りの意外な見どころ「紅葉」

日光山は日本全国区で紅葉で有名なスポットですが、意外な紅葉の見どころがこの鬼怒川になります。

鬼怒川を挟む両方の川辺には「山モミジ」や「カエデ」と言ったモミジが群生しており、例年10月下旬頃には、君のように美しい「黄・真紅・緑」の3色の紅葉を見ることができます。

%e6%97%a5%e5%85%89%e9%ac%bc%e6%80%92%e5%b7%9d%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%b8%8b%e3%82%8a%e7%b4%85%e8%91%89運良くこの時期に予約が取れた方で写真に収めて持って帰りたい方は、くれぐれもカメラを川に落とさないようにヒモやゴムバンドなどで手首に固定するなどの対策をしてください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ