日光東照宮から鬼怒川温泉へのアクセス(行き方)「バス・電車・車(距離・抜け道)」

スポンサードリンク

日光東照宮から鬼怒川温泉へのアクセス(行き方)「バス・電車・車(距離・抜け道)」

日光東照宮・二荒山神社・輪王寺への参拝後には、必ずといって良いほど日光圏内のいずれかの観光スポットへ行く予定の方がほとんどだと思われます。

その次に行く観光スポットとしての有名所が鬼怒川温泉郷です。

鬼怒川方面には「東武ワールドスクウェア」や「日光さる軍団」、「日光江戸村」などの名だたる観光スポットが点在していますので、おそらくほとんどの方が鬼怒川方面へ行かれるハズです。

そこで以下では日光東照宮をはじめとした二社一寺から、鬼怒川温泉郷までのアクセス方法をご紹介しています。

日光東照宮から鬼怒川温泉駅へ「バス」でのアクセス(行き方)

日光・鬼怒川エクスプレス

日光交通から出ている「日光・鬼怒川エクスプレス」は、「鬼怒川温泉駅」と東武日光駅・日光東照宮の玄関口である「西参道(東武観光センター前)」を結ぶ「予約制の直行バス」です。

日光東照宮から鬼怒川温泉駅へ「バス」でのアクセス・行き方尚、この「日光・鬼怒川エクスプレス」は「事前予約制」となりますので注意が必要です。

事前予約制ですので、西参道の近くで乗車券を販売していません。

販売している場所は、東武日光駅の下記、ツーリストセンターになります。

予約の手順

下記、ツーリストセンターへ電話する
↓住所、氏名などを伝える
↓東武日光駅に到着した際、ツーリストセンターで乗車券を受け取る。
西参道およびその他のバス停から乗車

「日光・鬼怒川エクスプレス」の発着場と発着コース

「鬼怒川温泉駅行き」は「西参道・観光センター」および「東武日光駅」から乗車できます。

「西参道バス停行き」は「鬼怒川温泉駅10番のりば」からの乗車となります。 

以下の「▲」の印は希望があった場合のみ停留所へ停車します。

「西参道駅 発」→「鬼怒川温泉駅 着」

運行経路とバスのりば

1.西参道・観光センターバス停発(12:00・14:40)

西参道のりば

⬆エクスプレス西参道バスのりば


2.
東武日光駅・5番乗り場発(12:10・14:50)

東武日光駅のりば

⬆東武日光駅5番のりば


4.▲日光江戸村着(12:35・15:15)


5.▲東武ワールド・スクエア着(12:40・15:20)

6.鬼怒川温泉駅着(12:49・15:29)

鬼怒川温泉駅のりば

⬆鬼怒川温泉駅10番のりば

 

「鬼怒川温泉駅 発」→「西参道駅 着」

鬼怒川温泉駅10番乗り場発(10:00・13:20)

⬇東武日光駅着(10:39・13:59)

⬇▲神橋着(10:45・14:05)

⬇西参道駅着(10:49・14:09)

  

「日光・鬼怒川エクスプレス」の

大人:1000円
子供:500円

注意点

  1. 乗車券の購入もしくは引換は、発車5分前までに済ませてください。
  2. 西参道(東武観光センター前)から乗車の場合で、乗車券を購入していない場合(急で購入できなかった場合など)は、鬼怒川温泉駅ツーリストセンター(下記)に乗車10分前まで事前連絡をすれば、バスに乗車することができます。
  3. 1月1日~1月3日は運行時刻が変更になります。
  4. 積雪・渋滞などの道路状況によって到着が遅れる場合があります。

鬼怒川エクスプレスをお得に乗車する方法

以下の券をお持ちの方は、鬼怒川エクスプレスを半額で利用することができます。

  • 「日光・鬼怒川フリーパス」
  • 「プレミアム日光・鬼怒川フリーパス」
  • 「東武スーパーチケット」
「日光・鬼怒川エクスプレス」の予約先

鬼怒川温泉ツーリスト:0288-77-1158(8:50-16:50)
東武日光駅ツーリスト:0288-54-0864(9:00-17:00)

「SL大樹」

2017年(平成29年)の8月より、東武バス日光㈱から新たに「SL大樹」というバスが運行しています。

⬆SL大樹という汽車を模してデザインされたので「SL大樹」と命名される。

SL大樹も上記、エクスプレスと同様に西参道の観光センター前にも停車します。

発着は大猷院・二荒山神社前バス停となり、その次に西参道・観光センター前バス停に停車します。

尚、SL大樹は土日祝日のみの運行となりますのでご注意ください。ウフ

SL大樹へ乗車することで日光山内から東武日光駅を経て、直通で鬼怒川温泉郷(鬼怒川温泉駅)へアクセスすることができます。

SL大樹の運行ルート

東照宮(大猷院・二荒山神社前バス停)

大猷院二荒山神社前バス停の写真。背面に2つ堂、右端に二荒山神社の入口鳥居が見える。
東照宮から上新道、下新道を通れば徒歩約7分ほどで到着できる。

西参道(観光センター前)

神橋

東武日光駅(ここまでの所要時間約10分)

小百

鬼怒川温泉駅(ここまでの所要時間約30分)

⬆鬼怒川温泉駅

SL大樹の所要時間

約40分

SL大樹の料金(大猷院→鬼怒川温泉駅):

大人:700円
小人:350円

SL大樹へのお問い合わせ先

東武バス日光(日光営業所)

電話番号:0288-54-1138

 【補足】日光山内の「西参道バス停」の表記の注意点

日光山内には「西参道」と付くバス停が3つ存在しますが、それぞれ場所が異なりますので注意してください。

  1. 西参道・東武観光センター前バス停
  2. 西参道入口バス停
  3. 西参道バス停

日光東照宮から鬼怒川温泉駅へ「電車」でのアクセス(行き方)

東武日光から鬼怒川温泉駅までは、バス以外にも電車でもアクセスが可能です。

東武日光駅から鬼怒川温泉駅までの電車でアクセス・行き方

日光山内の各バス停
・大猷院二荒山神社前バス停
・表参道バス停
・西参道バス停
・勝道上人像前バス停..etc
から、東武バスor路線バス(JR日光駅発着・世界遺産めぐり)・JR日光駅行きへ乗車

バス所要時間:約15分

東武日光駅バス停で下車

徒歩:約2分

東武日光駅
東武日光線・新栃木行きへ乗車
↓2駅9分
東武下今市駅
東武鬼怒川線快速「会津田島or新藤原行き」へ乗車
↓6駅23分
鬼怒川温泉駅で下車

鬼怒川温泉郷の各宿泊施設およびスポット


所要時間:1時間22分(乗車48分)
運賃:590円+バス290円=880円


スポンサードリンク -Sponsored Link-






日光東照宮から鬼怒川温泉へ「車」でのアクセス(行き方)

東照宮の駐車場(一例)

ホテル清晃苑前の道を直進する

県道247号線へ入るために左折する

 

⬆この三差路を左折する。


所野 まで 県道247号線 を進む

⬆所野交差点。これを右折!尚、所野交差点は橋を越えてスグのため分かりやすい。


栗原(交差点) を左折して 会津西街道/国道121号線 に入る

⬆栗原交差点。「鬼怒川・川治温泉・矢坂」方面へ行く。地図上では道が左に曲がっているように見えるが実際は直進する感じ。尚、デカ看板があるので間違うことはない。

 

⬆栗原クリクリちゃん交差点。左折して山を登る道へ入る!クリクリクリクリ、クリックリ♪


会津西街道/国道121号線に入る

⬆左折して121号線へ合流する。


直進

鬼怒川温泉駅

  • 所要時間:27 分
  • 距離:18.4 km
  • 料金:無料

日光東照宮から鬼怒川温泉へのアクセス行き方

ただし、このルートですと神橋の交差点近くを経由しますので、GW、お盆、秋の紅葉の時期には渋滞が予想されます。

そこで日光東照宮から鬼怒川温泉まで車でアクセスする場合、以下の抜け道を利用してアクセスする方法もあります。

日光東照宮から鬼怒川温泉までの抜け道

抜け道【その1】

このルートでは、神橋の交差点を回避するために、敢えて鬼怒川温泉と逆の方向へ迂回して、宇都宮道路の「清滝IC」を目指します。

「清滝IC」から宇都宮道路へ入り「今市IC」で下車して、比較的混雑の薄い、裏道を利用して鬼怒川温泉までアクセスするルートです。

日光東照宮

↓清滝IC(日光・宇都宮道路)

↓今市ICまでの所要時間:約10分

↓今市IC・下車

↓国道121号線をひたすら北上(14.8km・約26分)

鬼怒川温泉

  • 料金:150円(片道)
  • 距離:約30キロ
  • 所要時間:約50分

日光東照宮から鬼怒川温泉までアクセス行き方

抜け道【その2】

このルートは上述の「今市IC」のさらに裏をかくルートです。

日光東照宮の最寄りのインターチェンジである「日光IC」付近での渋滞を避けるために、1つ前のインターチェンジで降りるのは、もはや誰でも考えそうな手段です。

しかし、混雑している状況が明白な場合、1つ前の、さらにもう1つ手前のインターチェンジで乗車します。

つまり、南から(東京方面から)日光東照宮へアクセスする場合を例として考えますと、「日光IC」の1つ手前のインターが「今市IC」となります。

その「今市IC」のさらにひとつ手前の「大沢IC」で降りて、裏道を使って「鬼怒川温泉」へアクセスするルートです。

大沢ICから鬼怒川温泉までの裏道(抜け道)

日光東照宮

↓県道247号線

↓神橋(交差点)で日本ロマンチック街道/国道120号線へ進む

↓清滝バイパス

↓大沢ICを降りて、国道119号に出ます。

↓国道119号を日光方面へ500m走ります。

↓「杉並木」の中に、斜めに右折する道(県道279号線)があるので「右折」します。

↓しばらく行くと大きな通り(日光北街道461号線)にブツかるので、さらに「右折」します。

↓途中、「大室ダム」「太子食品工業」があります。


国道121号と「T字路(轟団地入口交差点)」で、ブツかるので「右折

鬼怒川温泉郷(鬼怒川温泉駅)


所要時間:48 分
距離:36.7 km
高速道路料金:(宇都宮道路:5~11月250円・12~4月360円)

大沢インターから鬼怒川温泉アクセス日光東照宮から大沢インター

終わりに・・

上述では「清滝IC」で降車する混雑回避方法をご案内しました。

しかし、この清滝ICは「いろは坂」の最寄りICとなるので秋の紅葉シーズンには注意が必要です。

と、言いますのも秋の紅葉シーズンになりますと、「いろは坂」へ車で紅葉狩りに訪れる観光客が激増しますので、必然的に「いろは坂」の最寄りICである「清滝IC」の付近周辺は大渋滞します。

秋の紅葉シーズンは清滝IC方面へ行かずに、最初にご紹介した「247号線から121号線へ入るルート」を進む方が賢明です。ウフ

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ