日光東照宮・表門【重要文化財】

スポンサードリンク

日光東照宮・表門【重要文化財】

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e8%a1%a8%e9%96%80

創建年

  • 1636年(元和3年/江戸時代前期)
建築様式(造り)

  • 八脚門
  • 切妻造
  • 平入
大きさ

  • 桁行三間(奥行:約6メートル)
  • 梁間三間(横幅:約6メートル)
屋根の造り

  • 銅瓦葺
重要文化財指定年月日

  • 1908年(明治41年)8月1日

日光東照宮・表門の読み方

日光東照宮の境内には読みにくい名前の社殿がありますが、表門は「おもてもん」と読みます。

日光東照宮・表門の「歴史・由来」

日光東照宮の表門は1636年(元和3年)の徳川家光公による東照宮再建の折に造営されています。

本柱4本とは別に前に4本、後4本、合計で8本柱があることから八脚門と言う種類の門になります。

東照宮の境内を守護する「第1の門」が入口の「石鳥居」であるのであれば、この「表門」は「第2の門」と言えます。

1897年(明治4年)に明治政府により発せられた「神仏分離令」によって、仁王像は三代目将軍・徳川家光公の墓所である大猷院(たいゆういん)に遷されて安置されていまたが、1897年(明治30年)に現在の表門へ戻ってきています。

この表門は1908年(明治41年)8月1日に、国の重要文化財の指定を受けている門となります。

日光東照宮の表門の見所(見どころ)

日光東照宮の表門は表側と裏側とで安置されている像が異なります。

石鳥居側から進んできた先に見えるのは「仁王像」ですが、参拝帰りに見えるのは「唐獅子(狛犬)の像」です。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e8%a1%a8%e9%96%80%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91%e8%a3%8f%e5%81%b4↑表門の裏側(獅子像が2体)

唐獅子・仁王像ともに「阿形(あぎょう)」と「吽形(うんぎょう)」のセットになって安置されています。

仁王像は像高約4メートルもの巨大な像であり、際立った濃い朱色で塗装が施されています。この像 臭ぅぞぅ

このため創建当初は「仁王門」とも呼称されていたようです。

唐獅子の発祥はインドであり、それが中国⇒朝鮮と経由して飛鳥時代に仏教と共に日本へ伝来しています。

平安期に差し掛かると口を開けた「阿形」と、口を閉じた「吽形」の像がセットで造立され始め、現在のような阿形・吽形の像が門の両脇に立ち並ぶ構図が生まれています。

尚、仁王像も狛犬(唐獅子)を門に配置する理由とは、いずれも厄災から門の内側を守護するためです。

日光東照宮・表門の建築様式(造り)

門の垂木の下の出組の間に蟇股(かえるまた)が見え、蟇股の内側には東照宮を守護する霊獣である「虎」や「麒麟」、「龍の彫刻」が見受けられます。

特徴的であるのが、戸口上部の「獏(ばく)の木鼻」に、主柱の上に設けられた「牡丹の彫刻」です。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e8%a1%a8%e9%96%80ちなみに東照宮の境内に中でもっとも多い像は「龍」と「唐獅子」であり、次いで「獏(ばく)の像」となり、合計で82体の彫刻が据えられています。

獏は「鼻はゾウ」、「目はサイ」、「胴体はクマ」、「尾はウシ」、「脚はトラ」であり、古来から獏は「悪夢を食べる」と言った「邪気を祓い、邪気を食べる聖獣」として広く認知されてきました。

他にも東照宮の境内の殿舎には上記の「獏」や「鳥獣」、「龍」の他にも「花の彫刻」も数多く存在しているのが特徴的です。

もっともな特徴と言えるのが、表門裏手を正面に見て「右から2番目の虎の彫刻」です。

実はこれは虎の彫刻ではなく、ぬぅぁんと!「ヒョウの彫刻である」と云われております。

これは江戸時代ではヒョウと言う生き物が認知されておらず、「ヒョウはメスの虎」と認識されていたためです。

日光東照宮に花の彫刻が多い理由としては、一説によると「花が咲き乱れる永遠の春の到来」をイメージしていると云われております。

長い戦乱の世(戦国時代)が終わりを告げ、徳川幕府の統治による永遠に続く平和の世の中を表現したとも云われております。

このように日光東照宮の境内には余すくらいの見どころで満ち溢れています。

参拝される際は是非!望遠鏡を持って訪れてみてください。

日光東照宮・表門の場所

表門は石鳥居をくぐった先に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ