日光東照宮・唐銅鳥居(二の鳥居)

スポンサードリンク

日光東照宮・唐銅鳥居(二の鳥居)

創建年

1636年(寛永13年)

大きさ

高さ:約6m
横幅:約5m

奉納者(寄進者)

徳川家光

日光東照宮・唐銅鳥居(二の鳥居)の歴史

日光東照宮のこの唐銅鳥居は、ぬぅぁんと!「日本で最初に造営された青銅製の鳥居」と云われております。

この唐銅鳥居は、日光東照宮の創建時に造営された鳥居でもあり、以降、現在に至るまで創建当初の威容を今に伝えていることから「日本最古の青銅製の鳥居」となります。

奉納者は日光東照宮を再建した徳川3代目将軍の徳川家光公で、当時の価格で2000両、現在の価格にすると約1億5000万円から2億円ほどを出資して造営した鳥居になります。

日光東照宮・唐銅鳥居(二の鳥居)の特徴

神仏習合の鳥居

これはお隣の日光二荒山神社の鳥居にも言えることですが、日光東照宮や二荒山神社の鳥居の両方の柱の根元部分には「蓮の花弁」が描かれています。

このような鳥居はこの東照宮だけに存在するのではなく、日本全国の神社でも見ることができますが、おそらく日本全国を探し回っても10本の指に入るほどしか現存しない鳥居と思われます。

例を挙げますと、京都・北野天満宮の境内末社の「伴氏社(ともうじしゃ)の前の鳥居」や、他に「京都御苑の鳥居」もこのような形状の鳥居をしています。

ちなみに、このような鳥居の形状を「蓮華座鳥居」とも呼称します。

蓮華はヒンドゥー教で生まれた花であり、「全宇宙を統べる」という意味合いもあります。

家康公が眠るこの東照宮に、このような蓮の花弁が施された鳥居にがあるということは、おそらく重要な意味合いが隠されているものと察することできます。

ましてや、奉納した者が家康公を心から敬愛していた家光公であれば尚のことです。

日光東照宮・唐鳥居の造り

唐鳥居の2つ目の横木となる貫(ぬき)部分には、徳川家ゆかりの葵紋が施されています。

扁額はなく、扁額の部分に徳川家の家紋である「葵紋」が据えられています。

家光公はどのような思いでこの鳥居を奉納したのでしょうか?

そんな思いを馳せるだけでも日光東照宮へ訪れる甲斐があったというものです。

日光東照宮・唐銅鳥居(二の鳥居)がパワースポット??

実はこの唐銅鳥居の前の石畳(タイル)の1つが日光東照宮におけるパワースポットであると云われております。

なんでもその石畳の上からは陽明門、家康公が眠る、「奥社(奥宮)・宝塔」が一直線状につながるポイントとされ、世にも希な強力なパワーが集まっていると云われております。

日光東照宮のパワースポットに関しての詳細は当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

日光東照宮にパワースポットが??東照宮のパワースポットの「場所・効果」と「ある場所」を待受け画面設定すると・・?

日光東照宮・唐銅鳥居の場所

日光東照宮・唐銅鳥居は一の鳥居をくぐった先の陽明門の前の鳥居です。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ