日光東照宮・三神庫「上神庫(想像の象)・下神庫・中神庫」【重要文化財】

スポンサードリンク

日光東照宮・三神庫「上神庫(想像の象)・下神庫・中神庫」【重要文化財】

上神庫

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e4%b8%8a%e7%a5%9e%e5%ba%ab

創建年

  • 不明
  • 1615年(元和元年)から1660年(万治3年)
  • 推定:1635年(寛永12年)
建築様式(造り)

  • 校倉造
  • 切妻造
  • 一重
大きさ

  • 桁行七間(奥行:約14m)
  • 梁間四間(横幅:約8m)
  • 正面向拝一間(約:2m)
屋根の造り

  • 銅瓦葺
重要文化財登録指定年月日

  • 1908年(明治41年)8月1日

中神庫

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e4%b8%ad%e7%a5%9e%e5%ba%ab

創建年

  • 不明
  • 1615年(元和元年)から1660年(万治3年)
  • 推定:1635年(寛永12年)
建築様式(造り)

  • 校倉造
  • 入母屋造
  • 一重・向拝付き
大きさ

  • 桁行九間(奥行:約18m)
  • 梁間三間(横幅:約6m)
  • 向拝七間(約14m)
屋根の造り

  • 銅瓦葺
重要文化財登録指定年月日

  • 1908年(明治41年)8月1日

下神庫

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e4%b8%8b%e7%a5%9e%e5%ba%ab

創建年

  • 不明
  • 1615年(元和元年)から1660年(万治3年)
  • 推定:1635年(寛永12年)
建築様式(造り)

  • 校倉造
  • 切妻造
  • 一重
大きさ

  • 桁行九間(奥行:約18m)
  • 梁間三間(横幅:約6m)
屋根の造り

  • 銅瓦葺
重要文化財登録指定年月日

  • 1908年(明治41年)8月1日

日光東照宮・三神庫の読み方と名前の由来


スポンサードリンク -Sponsored Link-






日光東照宮の境内には難しい漢字の表記の社殿がありますが、三神庫は「さんじんこ」と読みます。

上神庫は「かみじんこ」、中神庫は「なかじんこ」、下神庫は「しもじんこ」と読みます。

上神庫・中神庫・下神庫の名前の由来とは、それぞれが建っている位置に関与しています。

中神庫は上神庫と下神庫の間に位置しています。

また、上神庫は別称で「宝蔵(ほうぞう)」とも呼称され、これら3つの神庫を総称して「三神庫」と呼称します。

日光東照宮・三神庫の役割

「中神庫」と「下神庫」は、日光東照宮の祭典や行事で使用する様々な道具が収納されています。

代表的な祭典として5月17日と18日に執り行われる「例大祭・流鏑馬(やぶさめ)神事」や10月17日に執り行われる「神輿渡御祭(百物揃千人武者行列)」があります。

尚、「千人武者行列」はもとは家康公の命日である4月17日に執り行われていた祭事で、起源は家康公を久能山から日光へ遷した際の行列を表わした祭事であると云われています。

つまりは、これらの祭典で使用する馬具や、1200人余が着用する甲冑(鎧・兜など)が同数分が収納されています。

上神庫には、御神宝(ごしんぽう)と呼称される神様へ供進(きょうしん=お供え)するための宝物類が収納されています。

日光東照宮・三神庫の建築様式(造り)

三神庫は、「校倉造(あぜくらづくり)」と呼称される様式で造営されており、これは木材を「井桁状(いげたじょう)」に積み上げて壁面を構築して行く建築様式の技法の1つです。

校倉造りは別名で「井楼造り(せいろうづくり)」とも呼称されることがあり、この代表的な建築として挙げられるのが奈良・東大寺「正倉院」になります。

校倉造と井楼造はほとんど同義として捉えることができますが、分かりやすい違いとして、校倉造りの方は積み上げる木材の断面を三角系に加工して「校木(あぜき)」と呼称される状態にして積み上げて行きます。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e4%b8%89%e7%a5%9e%e5%ba%ab%e3%83%bb%e6%a0%a1%e5%80%89%e9%80%a0%e3%82%8aこのようにわざわざ木材を積み上げて校倉造りにする理由の1つとして、木材の性質を利用して内部の温度や湿度を一定に保つと言った理由が述べられます。

湿気が多い季節には木材が膨張して膨らみ、積み上げた木材と木材の間の隙間が狭まり、外気が建物内に入りにくくなります。

逆に湿気が多い季節には木材が内部の湿気を吸収するので、建物内部の湿度が少なからず一定に保たれると言ったことになります。

但し、校倉造りの保存効果に関しては、近年、調査が行われており、さほど効果が認められないことが判明しています。

しかし、神庫の建築が高床であったり、校倉を構成する各部材の上から塗装が施されていますので、幾分かは保存効果が認められると思われます。

日光東照宮・三神庫の見所(見どころ)

「上神庫」と「想像の象」

日光東照宮・三神庫の中でも特に注目すべきは「上神庫」です。
上神庫だけは上述のとおり、内部に収納されている物も他の2つと異なり「神宝類」となります。
そんなこともあってか、上神庫の妻側(横側)の屋根下の部分には「2つの目を惹く彫刻」が施されています。
1つは左側の彫刻で、これは東照宮を守護する「象(ぞう)」の彫刻があります。
もつ1つは向かい合う形で、その右側に彫られている同じく「象」の彫刻です。
これら2つの像の彫刻こそが日光東照宮が世界に誇る「想像の象(そうぞうのぞう)」と呼称される彫刻です。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%83%bb%e4%b8%8a%e7%a5%9e%e5%ba%ab02作者として下絵を描いたのは狩野派の巨匠「狩野探幽(かのうたんゆう)」ですが、実のところ探幽はこの象の下絵を描く段階で象を一度も見たことがなかったと云われています。
つまりは、探幽の「ド頭の中でイメージした象」を再現した下絵と言う解釈になります。
象の彫り物を望遠鏡などで見れば分かりますが、体表は毛むくじゃらで、耳にピアスにような金具が付けられており、尾っポが3本あったりと摩訶不思議な像です。
さらに像の顔は、何だかものスんゴイ悪いことを企んでいそうな、越後屋とお代官様的な顔立ちをしています。

%e4%b8%8a%e7%a5%9e%e5%ba%ab%e3%83%bb%e6%83%b3%e5%83%8f%e3%81%ae%e5%83%8f%e3%83%bb%e7%8b%a9%e9%87%8e%e6%8e%a2%e5%b9%bd↑右側の像(体表が毛むくじゃら)「そちも悪よのぅ。ふぉっふぉっふぉっ」

%e4%b8%8a%e7%a5%9e%e5%ba%ab%e3%83%bb%e7%8d%85%e5%ad%90%e3%81%ae%e5%83%8f%e3%83%bb%e7%8b%a9%e9%87%8e%e6%8e%a2%e5%b9%bd↑左側の像(尾っぽが3本ある)「いぇいぇ、おデぇ官様のクソ性悪には及びま・・ヒィぇ~!ヒョ~!」

ちなみに、この想像の象は「三猿」「眠り猫」と並んで、日光東照宮の代表的な「3彫刻の1つ」とも言われています。

【補足】狩野探幽が「象」を敢えて彫った理由

上述のとおり、江戸時代の上神庫は「御宝蔵(ごほうぞう)」とも呼ばれていました。
つまり御宝蔵の”蔵(ぞう)”と”像(ぞう)”の語呂を合わせて「象」を選んだとも云われております。

中神庫・下神庫

三神庫の中でも、ひときわ大きい神庫が「中神庫」です。
中神庫にも彫刻が施されており、正面に「鶴」「亀」「鳳凰」の彫刻があり、扉の上には「青色と白色の牡丹」が描かれています。
これらの彫刻の組み合わせは、上神庫の「想像の象」の周りにも見られます。

日光東照宮・三神庫の場所

日光東照宮・三神庫は石鳥居から境内へ入って表門をくぐった先に3つ並ぶようにして造営されております。
表門を背にして右から「下神庫」真ん中中央に「中神庫」、その右側に「上神庫」です。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ