日光山・輪王寺 大猷院「夜叉門」「4夜叉像」【重要文化財】

スポンサードリンク

日光山・輪王寺 大猷院「夜叉門」「4夜叉像」【重要文化財】

日光山・輪王寺 大猷院「夜叉門」「4夜叉像」

創建年

  • 1653年(承応2年)
建築造り

  • 切妻造
  • 表裏軒唐破風付(表裏の門の軒に「唐破風」付き)
屋根の造り

  • 銅瓦葺
重要文化財指定年月日

  • 1908年(明治41年)8月1日

日光山・輪王寺「大猷院・夜叉門」の読み方

日光山・輪王寺の境内には、難しい漢字の表記の仏像やお堂がありますが、輪王寺・夜叉門は「やしゃもん」と読みます。

輪王寺・夜叉門の歴史・由来・別名と「造営された理由」

日光山輪王寺「夜叉門」は、徳川家光公が眠るとされる「輪王寺・大猷院」を守護する目的で造営されました。

そして、他にも別名が存在し、その名を「牡丹門(ボタン門)」ともいいます。

「牡丹門」と呼称される理由

この「夜叉門」が「牡丹門」と呼ばれる所以は、夜叉門全体には「牡丹の花模様」と「唐草模様の彫刻」が彫られていることから「牡丹門」との由来がきています。

他にも落ち着きと威厳を併せ持つ門構えから「ぼたん門」というネーミングが付けられたとも云われております。

日光山・輪王寺 大猷院「夜叉門」の「特徴と見どころ」

「4夜叉像」

日光山・輪王寺 大猷院「夜叉門」を拝観しに来られた方の多くは、おそらく「4夜叉像」を拝観しに来られた方が、ほとんどでではないかと思われます。

そもそも「四夜叉(よんやしゃ)」とは?

「四夜叉(よんやしゃ)」とは、「青面金剛明王」とも呼ばれる「夜叉の神」に仕える「4体の夜叉」のことです。

そして、この4体の夜叉も本来の名前があり「四護法善神(しご ごほうぜんじん)の夜叉」とも云われております。

これまでご紹介してきた中で「」という字が幾度が出現してきましたが、そもそも輪王寺を含めた日光東照宮自体、神仏習合の代表的な社寺でしたので、神仏分離が成された現代においても、仏様と神様が入り混じっているような部分が見受けられます。

その部分の1つであるのが、この「夜叉門」です。

「4夜叉像」それぞれの像の名前

日光山・輪王寺 大猷院「夜叉門」には、徳川家光公や歴代の徳川家の将軍が眠る「大猷院」を守護する「4体の夜叉像」が鎮座しています。

「4体の夜叉像の配置」

  • 夜叉門の表側に2体
  • 裏側に2体

さらに、この4体の夜叉の特徴として、4体それぞれ身体の色が違うということです。

夜叉門の表門の像の名前

毘陀羅・びだら」(赤色)「南の方角を守護」

「毘陀羅・びだら」(赤色)「南の方角を守護」

「阿跋摩羅・あばつまら」(緑色)「北の方角を守護」

「烏摩勤伽・うまろきゃ」(青色)「東の方角を守護」

夜叉門の裏側の像の名前

「烏摩勤伽・うまろきゃ」(青色)「東の方角を守護」

「阿跋摩羅・あばつまら」(緑色)「北の方角を守護」

「鍵陀羅・けんだら」(白色)「西の方角を守護」

「鍵陀羅・けんだら」(白色)「西の方角を守護」

夜叉門の灯篭(灯篭)

よく見ると、夜叉門を取り囲むようにして、灯篭が荒垣内に添えつけてあるのが分かります。

夜叉門の灯篭実はこの灯篭は、家光公の眠る「大猷院」を守護するかのように、70基近い数の灯篭で埋め尽くされています。

これらの灯篭1つ1つは江戸時代の当時、日本全国の大名たちが死後も家光の身を案じて奉納したそうです。

日光山・輪王寺「夜叉門」の場所

輪王寺「夜叉門」は、日光東照宮の西側の大猷院の境内入口にあります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ