日光山・輪王寺「護法天堂」【重要文化財】

スポンサードリンク

日光山・輪王寺「護法天堂」【重要文化財】

日光山・輪王寺「護法天堂」見どころ・歴史・由来

創建年

  • 1600年頃
再建年

  • 1615年から1672年頃(江戸前期)
建築様式(造り)

  • 寄棟造
  • 一重
  • 背面張出し付
屋根の造り

  • 銅瓦葺
大きさ

  • 桁行五間:約10m
  • 梁間三間:約6m
  • 向拝部分一間:約2m
重要文化財指定年月日

  • 1973年6月2日
御本尊

  • 毘沙門天
  • 大黒天
  • 弁才天(弁財天)
発願者

  • 南光坊天海大僧正

日光山・輪王寺「護法天堂」の読み方

輪王寺の境内には、読みにくい名前のお堂や仏像がありますが、護法天堂は「ごほうてんどう」と読みます。

日光山・輪王寺「護法天堂」の見どころ・歴史・由来


スポンサードリンク -Sponsored Link-






この日光山の「輪王寺」は栃木県日光市にある寺院群で世界遺産に登録されています。

その中でも「護法天堂」は、現存する輪王寺の境内の建造物の中では最古と云われております。

もともとは、大黒天・毘沙門天・弁財天の3天が奉安されお祀りされていましが、現在は大護摩堂へ遷され安置されています。

護法天堂は、これら3天の神仏がお祀りされていた経緯もあり、もとは「内権現堂(ごんげんどう)」と呼称されており、ここ日光山の信仰も、仏と神は同一とみなされていたことが、理解できます。

日光山・輪王寺は、奈良時代に勝道上人が日光山を開山して建立された歴史をもち、平安時代には真言密教の祖「大師・空海」や天台宗の高僧「円仁(えんにん)」も訪れています。

その際、「円仁」によって三仏堂などが建てられましたので天台宗のお寺として歴史を歩んで行くことになります。

尚、輪王寺における日光山・信仰の由来は、日光連山の「男体山(ないたいさん)」「女峰山(にょほうさん)」「太朗山(たろうさん)」の3山が3つの仏様に例えられています。

つまり3仏と称されて本堂(三仏堂)に祀られている「千手観音」「阿弥陀如来」「馬頭観音」が上述の3仏様になります。

「日光山・輪王寺」を襲った「明治の業火」

実は、この「日光山・輪王寺」は、明治時代の初頭の1872年(明治4年5月13日)、原因は定かではありませんが、輪王寺全体を無残に焼き滅すほどの大火災に見舞われています。

この大火災は、新しくとって変わった明治政府による「神仏分離令」が発令された直後のことでした。

この大火災によって、輪王寺の木造の社屋・約700坪が焼失し、輪王寺・大本坊(住職が住むお堂)は跡形もなく焼失しています。

しかし、これだけの規模の大火災でも、この「護法天堂」だけは、火の粉一つ降りかからずに、奇跡的に難を逃れています。

つまり、こういった経緯もあって、輪王寺の境内で現存する最古の建造物といったことになります。

日光山・輪王寺「護法天堂」の役割

この護法天堂と三仏堂は、願い事を成就させるための役割の担った堂舎でもあります。

三仏堂は鎮守国家を例とした「国家レベルの祈祷を行う場所」とされています。

一方、この護法天堂は「個人のお願いを成就させる場所」とされています。

このため、護摩焚きを行い祈祷をしてくれます。

「護法天堂」の場所

日光山・輪王寺「三仏堂(本堂)」の裏側スグ

おわりに・・

ひっそりと佇んでいる「護法天堂」は日光山の信仰の名残であり、国の重要文化財に指定されています。

江戸時代には徳川家康を祀る「日光東照宮」徳川家光の霊廟の「大猷院」が建立されます。

そして、明治時代以降には、この日光山全体が「二社一寺」となり統合されていきます。

また、輪王寺の広い境内には多数の「堂塔」が点在しており、「三仏堂(本堂)のある山内地区」から「中禅寺(輪王寺の一部)がある奥日光地区」まであります。

したがって、輪王寺の見どころは日光山全体に広がっており、とても1日で見られるものではありません。

ちなみに、輪王寺を含めた日光山では、11月上旬から紅葉が山々を彩り、とても美しくなります。

毎年、この紅葉の時期になると沢山の観光客が訪れ、モミジ狩りに心を和ませています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ