日光二荒山神社・神橋(見学時期・見学時間含む)【重要文化財】

スポンサードリンク

日光二荒山神社・神橋(見学時期・見学時間含む)【重要文化財】

%e6%97%a5%e5%85%89%e4%ba%8c%e8%8d%92%e5%b1%b1%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e7%a5%9e%e6%a9%8b%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91

創建年

  • 不明
  • 推定:1400年以前(室町時代以前)
再建年

  • 1636年(寛永13年)
  • 1904年(明治37年)
  • 2005年(平成17年)
建築様式(造り)

  • 木造反橋
  • 高欄・擬宝珠付
大きさ

  • 全長:28m
  • 横幅:7.4m
  • 高さ(水面から):約10.6m
重要文化財指定年月日

  • 1944年(昭和19年)9月5日

日光二荒山神社・神橋の読み方

日光二荒山神社の境内には読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが、神橋は「しんきょう」と読みます。

尚、神橋の名前の由来とは「神聖な橋」を略して「神橋」と言う意味や、他にも日光山の神が渡って俗世界(人間界)と神界を行き来する「神が渡る橋」としての意味合いもあります。

日光二荒山神社・神橋の歴史・由来

日光二荒山神社の神橋は俗世界と神界との境界線に架かる橋として日光山への入口に設けられています。

古来では、尊ばれるあまり、天子の使者である勅使(ちょくし)や祭典でのみで使用されてきた神聖な橋です。

中央部の反り上がりの角度は異なりますが、日光の神橋と類似した橋として宮島・厳島神社の境内の反橋が挙げられます。

厳島神社の反橋も別名で「勅使橋」と呼称され、やはり同様に特別な身分の御方の使者や祭典のみでしか使用されることがない神聖視された橋となります。

話は戻って、この神橋は1636年(寛永13年)に再建が成されていますが、1902年(明治35年)に関東を襲った「足尾台風」によって日光山では洪水が発生し、無残にも神橋は倒壊しています。

しかし2年後の1904年(明治37年)に再び再建され、これが現在見ることのできる神橋の姿となります。

但し、明治37年の再建時には以前の橋を忠実に再現して再建されたために、正式には1636年の再建時の姿となります。

えぇっ?!神橋にはとんでもない「別名」があった?!

実はこの神橋には別名が存在しており、古来では「山菅の蛇橋(やますげのじゃばし)」や「山菅橋(やますげばし)」とも呼称されたようです。

山菅の蛇橋や山菅の名前の由来とは以下にようなことになります。

日光山を開創した勝道上人(しょうどうしょうにん)が、この橋の下を流れる川である「大谷川(だいやがわ)」の前まで来た時、あまりにも川の流れが強く立ち止まってしまうことになります。

そこで勝道上人は仏に問いただすために護摩を行うと「毘沙門天の化身」とされる「深沙大王(じんじゃだいおう)」が現れて、自らの下僕である2匹の大蛇が突如、大谷川に現れました。

2匹の大蛇はたちまちの内に、横並びになって川に跨り(またがり)橋のようになり、そして大蛇の身体からはなんと!「山菅の葉」が生い茂り、勝道上人は山菅の葉の上を渡り歩けたことで無事に日光山内へ入ることができたと言う話です。

%e5%b1%b1%e8%8f%85%e3%81%ae%e8%91%89↑山菅の葉

やがてこの2匹の蛇は「橋」となり、つまりは神橋の前身となって後世に語り継がれることになります。ウフ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






日光二荒山神社・神橋の建築構造(造り)

神橋の形状は「反橋(そりばし)」となっており、「反り橋」とは名前のとおり中央部が弓なりに反っている橋と言う解釈になります。

反り橋は別名で「太鼓橋(たいこばし)」とも呼称され、主に神事(祭典)や特別な身分の御方の使者(勅使など)しか通行することが許されなかった橋です。

創建当初は素木造りの橋であったと云われており、1700年代後半(寛政期)に現在のような朱色が施されるようになっています。

但し、橋桁の裏側部分のみ黒漆塗で塗装が施されています。

橋の両側面を飾る美しい朱色の「高欄(こうらん)」と、その高欄の間には10本の親柱が整然と並び立ち、橋の外観をより魅力的に飾りたてます。

地表からは見えにくいですが、橋のたもと(橋の両端)には石製の土台が組まれており橋を支えています。

%e6%97%a5%e5%85%89%e4%ba%8c%e8%8d%92%e5%b1%b1%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e7%a5%9e%e6%a9%8b%e3%83%bb%e7%9f%b3%e3%81%ae%e5%9c%9f%e5%8f%b0実は当初はこの石の土台はなく、詳しくは橋の両端のたもとには「乳ノ木」と呼称される大木が川の中央に向けて斜め向きに埋められており、これを土台にする形で橋桁を組んでいたと云われおります。

つまりは「橋脚(きょうきゃく=橋を支える足)」を持たない橋となり、これは木造の橋の中では日本でもこの神橋以外例がない、非常に稀有で重要度の高い橋となります。

尚、このような工法を考案したのは地元の大工であった「山崎太夫長兵衛」と言う人物であったことから、「橋架け長兵衛」と言う名前が広まり、以降、16年ごとに橋を建て替える風習ができたそうです。

そうして橋の開通の神事では、決まって長兵衛の子孫が木槌を打って橋を完成させたと言います。

さらに驚くことになぁんと!この神事は明治時代まで続いたようです。

現在のこの神橋は「日本三大奇橋(にほんさんだいききょう)」の一角と言われており、日本を代表する橋として広く認知されています。

ちなみに日本三大奇橋とは「変わった構造や外観を持つ橋」のことを指します。

ただし、現在の日本三大奇矯とは3つ以上存在し、これは地方(地域)や人によって列挙する三大奇橋が異なるためです。

【補足】日本三大奇橋

  • 猿橋(山梨県大月市)
  • 錦帯橋(山口県岩国市)
  • 神橋(栃木県日光市)
  • 愛本橋(富山県黒部市)
  • 桟(かけはし)(長野県上松町)
  • かずら橋(徳島県三好市)

一般的には「猿橋から神橋まで」を指すことが多いようです。

神橋は渡れた?!

写真などで神橋を見れば、人が渡っているイメージがあまりなく、特に紅葉時期の神橋とその周りの山々の紅葉の景色が写っているだけの画像や写真が多いのですが、基本的に神橋は渡れます!

神橋の見学時期(渡れる時期)・見学料金(渡る料金)・渡れる時間

  • 見学時期(渡れる時期):通年
  • 渡れる時間:神橋社務所の営業時間に準ずる(11月〜3月は9時から15時まで。4月から11月は8時から16時まで)
  • 見学料金(渡る料金):大人300円、高校生200円、小・中学生100円
結婚式の最中は渡れない!

注意点としては、神橋では結婚式が執り行われることが多いので、結婚式の最中は終了するまで待つことになります。

  • 結婚式の所要時間:約30分

待つのがおっくうな方は事前に連絡されることをオススメします!

日光二荒山神社・神橋の御朱印

実は神橋では御朱印をいただくことができます。

神橋の御朱印は1種類のみで、中央に大きく「神橋」と書かれた御朱印です。

%e6%97%a5%e5%85%89%e4%ba%8c%e8%8d%92%e5%b1%b1%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e7%a5%9e%e6%a9%8b%e3%81%ae%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0最大の特徴であり、嬉しいのが中央下部に神橋の容姿が描かれた押印があることです。

尚、神橋の朱印は橋の付近にある社務所(渡橋受付)で授与していただくことができます。ムフ

  • 御朱印の値段:500円
日光二荒山神社・神橋の場所

日光二荒山神社の神橋は、二荒山神社の境外、日光山の入口付近に位置します。

JR日光駅・東武日光駅から神橋までアクセス行き方(地図付き)

神橋は日光山の一大観光スポットなので、神橋を見学して渡橋した後に徒歩で山内へ参拝される方も少なくありません。
そこで以下では神橋までのアクセス行き方をご紹介しておきます。

JR日光駅もしくは東武日光駅まで来たら「世界遺産めぐりバス」もしくは「東武バス(奥細尾行き」へ乗車して「神橋前バス停」で下車します。※注:通常の東武バスは運行本数が少ないです。
もしくは上記の双方の駅から徒歩で約30分(距離約2キロ)ほどで到着できます。

jr%e6%97%a5%e5%85%89%e9%a7%85%e3%80%81%e6%9d%b1%e6%ad%a6%e6%97%a5%e5%85%89%e9%a7%85%e3%81%8b%e3%82%89%e7%a5%9e%e6%a9%8b%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9%e8%a1%8c%e3%81%8d%e6%96%b9ちなみに東武バスの「世界遺産めぐり手形」を購入されるのが賢明です。ワンコイン(500円)で1日乗り放題です。
購入場所は東武日光駅やJR日光駅の構内で買えます。

世界遺産めぐり手形の問い合わせ先

  • TEL:0288-54-1138(東武バス日光)
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ