日光二荒山神社の御朱印帳の「種類・値段・授与場所・サイズ・通販状況」など

スポンサードリンク

日光二荒山神社の御朱印帳の「種類・値段・授与場所・サイズ・通販状況」など

日光二荒山神社の御朱印帳はそれほど種類はありませんが、オリジナルの公式御朱印帳を授与されています。

日光はこの二荒山神社を含めて二社一寺で構成され、そのうちの1つにこの日光二荒山神社が含まれます。

これら二社一寺の境内ではそれぞれ御朱印帳が授与されていますので、御朱印を収集される方は、是非!お寺と神社の御朱印帳を分けて持たれることを強くオススメします。

後で日本各地の寺社へ参拝して御朱印を授与される場合、御朱印帳を寺社で使い分けていると管理が楽になります。

また、寺社によっては御朱印を窓口へ出して書いていただく際、「使い分けて欲しい」とおっしゃる寺務所・社務所の方もいますので、不快な思いをさせなくて済みます。

以上、長くなりましたが以下では日光二荒山神社の御朱印帳の種類や値段、授与場所、サイズをご紹介しています。

二荒山神社へお越しの際は、是非!ご参考にしてみてください。

日光二荒山神社の公式御朱印帳

巴紋のカラフルな御朱印帳です。

お色目は紺色、黄色、ピンク色と3色展開となっています。

  • 値段:1500円
  • 販売場所:拝殿横社務所
  • サイズ:12cm×18.5cm

日光二荒山神社の木製(杉材)の御朱印帳

神社には珍しい、杉材を用いた木製の御朱印帳になります。

縦の木目が見る者にぬくもりを感じさせ、気分を落ち着かせてくれます。

また杉材の香りが漂いますので、嗅覚と視覚の双方から癒やされます。アっは~ン

サイズは小さめの御朱印帳になります。

  • 値段:1500円
  • 販売場所:拝殿横社務所
  • サイズ:11cm×16cm

スポンサードリンク -Sponsored Link-






二荒山神社の御朱印帳の販売場所・時間

御朱印帳の販売場所

二荒山神社の御朱印帳は、拝殿の横にある社務所で購入できます。

御朱印帳の販売時間

御朱印帳の販売時間(社務所の営業時間)は、二荒山神社の拝観時間に準じます。

  • 4月1日~10月31日:8:00~17:00
  • 11月1日~3月31日:8:00~16:00

なお、どちらの期間も拝観受付は閉門30分前に終了です。

日光二荒山神社の御朱印帳の通販での取扱いについて

日光二荒山神社では、電話を社務所にかけて、ご希望の御朱印帳を告げることで、送料は御朱印帳本体の価格にプラスされますが、郵送で購入することができます。

遠方にお住まいの方でなかなか行けない方は、通販を利用されてみてはいかがでしょう。

日光二荒山神社への問い合わせ先

電話番号:0288-54-0535

御朱印帳のサイズについて

御朱印帳を初めて購入される方はご存知ないかもしれませんが、実は御朱印帳には以下のような2つのサイズがあります。

  • 11cm×16cm
  • 12cm×18.5cm

一般的に神社で授与されている御朱印帳は「11cm×16cm」が多いです。

逆にお寺は「12cm×18.5cm」がほとんどです。

もちろん例外はありますので、大方の目安として捉えてください。

神社の御朱印帳が小さくて、お寺の御朱印帳が大きい理由

神社の御朱印帳が小さい理由は、神社の御朱印がシンプルであることが多いからです。

基本的に中央に「~神社」や「~神宮」と墨書きして、その上か周囲に1つか2つの朱印を押すだけの簡単な御朱印が多いのです。

一方、お寺の場合は「~霊場めぐり」「~札番所」などの朱印を押印して、さらに御本尊の朱印を押印したりと、神社とは異なり、賑やかな御朱印となります。

つまり、寺院の朱印は押印が多いのが特徴的です。

よってお寺の御朱印を作成する時、スペースをそれなりに確保しておかないと、朱印を押印するスペースがありませんので神社より少し大きく作られています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ