東武ワールドスクウェアの「創業(歴史)・造った理由・運営会社・面積(例え)・年間来場者数・総工費」など

スポンサードリンク

東武ワールドスクウェアの「創業(歴史)・造った理由・運営会社・面積(例え)・年間来場者数・総工費」など

東武ワールドスクウェアの「創業(歴史)・造った理由・運営会社・面積(例え)・年間来場者数・総工費」など01東武ワールドスクウェアの名前は知っていても、実際にどんな会社が運営しているのか?・・までは、あまり目が行きませんが、ここでは敢えて少し東武ワールドスクウェアの基本的なステータスをご紹介しておきます。

東武ワールドスクウェアの基本ステータス

正式名称

  • 東武ワールドスクウェア 世界建築博物館
創業年

  • 1993年
住所

  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
電話番号

  • 0288-77-1055
運営会社

・東武ワールドスクウェア株式会社
※東武興業株式会社のグループ会社です。
※大親会社は東武鉄道株式会社です。

面積

  • 7.65㎢

※平均的なサッカースタジアムと同じくらいの面積です。
※野球場に例えると、ダイヤモンド(内野)内の10倍くらいの広さです。

年間来場者数

  • 年間約50万人
総工費

  • 140億円

東武ワールドスクウェアの「造られた理由とテーマ」

東武ワールドスクウェアの「創業(歴史)・造った理由・運営会社・面積(例え)・年間来場者数・総工費」など東武ワールドスクウェアのテーマは「世界の遺跡と建築文化を守ろう」です。

東武ワールドスクウェアは、「多くの人が素晴らしい建築物を目にし、感動し、後世に残したいと思うことによって、世界遺産や建築文化は守られていく」という考えから生まれました。

展示物には、本物に近づけるための工夫がちりばめられています。

東武ワールドスクウェアの歴史(年表)

歴史
1993年4月 開園(当初の運営会社は東武鉄道)
1993年8月 累計入場者数が100万人を超える
1995年4月 累計入場者数が500万人を超える
1999年10月 新しく「景福宮 勤政殿・香遠亭」を公開
1999年10月 ライトアップを初めて実施
2000年4月 累計入場者数が1000万人を超える
2002年3月 運営を東武ワールドスクウェア株式会社に移行
2009年4月 シャクナゲパークがオープン
2010年4月 新しく「東京スカイツリータウン」を公開
※実物の完成より2年早く公開
2013年4月 「故宮」をリニューアルして公開
2014年8月 累計入場者数が1500万人を超える
2014年4月 「ヒストリウム・シアター」がオープン
2015年4月 「高雄龍虎塔」をリニューアルして公開
2015年10月 新しく「台北101」を公開

終わりに・・

創業から20年以上立つ会社です。

日光の山間に土地に位置しながらも、年間で約50万人もの方が来場されています。

これも年々、展示物に模様替えなどがあり、ファンの期待を集め、その期待に応えて来たからこそ、創業当時以来、人気を継続しているものと思われます。

このように運営会社の裏側を知ることで、舞台の裏側が分かり、見方が少し変わってきます。

少し違った見方で見学してみるのも、醍醐味であり「見どころの1つ」と言えます。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ