【最新決定版・渋滞回避策】日光東照宮(日光)の紅葉時期・GWの混雑・渋滞状況と地元住民が語る「裏道・抜け道」

スポンサードリンク

【最新決定版・渋滞回避策】日光東照宮(日光)の紅葉時期・GWの混雑・渋滞状況と地元住民が語る「裏道・抜け道」

日光および日光東照宮の付近周辺が混雑する時期

春:GW(4月末頃から5月初旬の約10日間)
夏:お盆(8月12日から15日を中心に据えた7日間)
秋:紅葉シーズン(10月中旬から11月初旬のおよそ3週間)

日光市内および奥日光では、普段は穏やかな山道がこれらの混雑時期になると、急激に交通渋滞が発生します。

例年、混雑シーズンになると渋滞緩和策が講じられます。

また、公共交通機関の増便が行われます。

いろは坂の紅葉時期の渋滞状況に関しては以下の別ページにて

 日光いろは坂の紅葉時期の混雑・渋滞状況と抜け道について

日光および日光東照宮の付近周辺が混雑する時間帯

  • 土日祝日の午前9時頃から午後18時頃まで

日光二社一寺は、四季と通して午後16時から17時頃には閉門しますので、午後17時を過ぎたあたりから参拝帰り観光客で少し混み合います。

特に混雑する場所は、後述している日光山内へ通じる日光橋の架かる「神橋交差点」と、日光橋につながる「国道119号線(ロマンチック街道)」になります。

尚、神橋交差点や国道119号線が渋滞する理由は、東照宮の付近周辺の駐車場に車を入れるために、「空車表示」を待つ車がグルグルと回遊していからです。

よって閉門時間に近づくにつれて渋滞は解消されていきます。

逆に東照宮からの参拝帰りの道は、行きと異なり、駐車場待ちの車がいないため、比較的スムーズに動きます。

日光二社一寺を参拝した後に大半の人が向かう観光スポット

日光二社一寺(日光東照宮・二荒山神社・輪王寺)を参拝した後に、大半の人が向かう場所が「鬼怒川温泉郷」です。

鬼怒川温泉方面には、観光スポットが多数存在し、親子でも楽しめるスポットが点在しています。

例を挙げるのであれば以下のようなスポットがあります。

  • 東武ワールドスクウェア
  • 日光さる軍団
  • 鬼怒川ライン下り..etc

特に東武ワールドスクウェアへ訪れる人が多く、2017年度から「東武ワールドスクウェア駅」という東武鉄道・鬼怒川線の駅が新設されています。

ただし、紅葉シーズンになると中禅寺湖に向かう観光客も多いです。

この中禅寺湖に行くためには、渋滞することで有名な「いろは坂」を越えて行くことになります。

観光客が中禅寺湖へ向かう理由は、「いろは坂」と「中禅寺湖畔」での紅葉を観覧するが目的です。

例年、10月中旬を迎えると、中禅寺の湖畔一面では、君のキスしたくなるような淡いピンク色の唇のように、美しいモミジたちの紅葉が見れます。

中禅寺湖の観光スポット・一覧

  • 「イタリア大使館別荘記念公園」
  • 「いろは坂」
  • 「竜頭の滝」
  • 「華厳の滝」
  • 「中禅寺金谷ホテル」
  • 「輪王寺別院・中禅寺」
  • 「二荒山神社・中宮祠」
  • 「中禅寺湖遊覧船(中禅寺湖機船)」

混雑・渋滞回避方法を考える前にまず、日光東照宮の付近周辺の地形を知る!

日光東照宮の付近周辺は混雑シーズンになると大渋滞します。

そこで誰しもが考ることが、「できるだけ混雑を回避する方法はないか?」「抜け道はないかなぁ?」・・と、いったことです。

この考えは、同じ猿であれば誰しもがたどり着く思考と言えます。

ここで結論から申し上げれば、日光東照宮の付近周辺へ車で到着するまで道中の混雑回避方法はありません。

この理由は日光東照宮が位置する地形が深く関与しているからです。

よってまず、混雑回避策を考える前に日光東照宮の付近周辺の地形を把握しておく必要があります。

日光東照宮の周囲の地形図

⬆日光東照宮の周囲は川に囲まれている。北側が稲荷川。南が大谷川。

上図を見れば分かるように、日光東照宮は日光山内に位置しています。

そして、川が周囲を取り囲み、山内に侵入するための橋は2本しかないことが分かります。

  • 北側の橋の名前:稲荷川橋
  • 南側の橋の名前:日光橋

上図を見て北側を流れる川が「稲荷川」。南側を流れる川が「大谷川」という川です。

最終的に稲荷川はちょうど神橋を越えた下流のあたりで大谷川と合流し、以降は大谷川として生まれ変わっています。

ちなみに日光東照宮の周辺の地図を見ると「含満公園」や「含満ストーンパーク」の周辺に橋がかかっているのが視認できますが、この道は最終的に車で通行できなくなっていますのでご注意ください。

⬆ストーンパーク付近の橋は車で通行できるが「日光インター」および「清滝インター」方面からは通行できない。

よって橋は上記の2つだけになります。

余計なことを企んで脇道へ入ると後悔することになりますのくれぐれもご注意ください。

 

日光東照宮の付近周辺の渋滞しやすい道(場所)

日光東照宮の付近周辺でもっとも混雑しやすい道(場所)は、実は上述の2本の橋の付近周辺の道路です。

分かりやすく言えば国道119号線の先に位置する「日光橋」と、県道247号線の延長上に位置する「稲荷川橋」の付近周辺の道路です。

それと土日祝日、紅葉シーズン、GWは日光インターを降車した直後の国道119号線に通じる道路までもが混雑(渋滞)しています。

県道247号線は国道119号線より若干、空いている!

以上で申し上げた混雑する道(場所)を把握しておけば、あとはその道や場所を避けて通行すれば良いだけの話です。

しかし、お分かりの通り、日光東照宮に行き着くためには2本のいずれかの橋を渡らなければなりません。

つまり、これを混雑を回避する方法はないのです。

ただし、247号線の方は119号線と比較すれば、若干、空いています。

この理由は後述するパークアンドバスライドのシャトルバスが通行する道だからです。

シャトルバスは渋滞の激しい道を敢えて通行しないので、これが理由の1つに挙げられますが、もう1つの理由として247号線の方が「日光インター」から離れていることが挙げられます。

大抵の方が日光インターから降車してきて、そのままの流れで国道119号線へ入ります。

県道247号線は国道119号線から見れば、大谷川を越えた先に位置し、さらにその先の「稲荷橋」から東照宮の懐へ飛び込めることを知ならない方が多いことも理由に挙げられます。

国道119号線は甘~ぃ危険な香りが漂う道路

ここまででお話した通り、国道119号線は日光インターから降車してきた方の大半が通行する道路です。

この道路はGWなどの連休、紅葉シーズンになればこの道路は化物へ変貌します。

どのような化物かと申せば、降車してきた瞬間から渋滞が始まり、そのまま神橋の方までノロノロと進むような現象が起こります。

さらにやっと神橋に到着しても、東照宮の付近周辺の駐車場へ入るために「空車」の表示の駐車場がないかを探す車がグルグルと回遊しています。

まぁ、これが渋滞の元凶の1つでもあります。

最終的な結論!

以上のことから、GW、紅葉シーズンには神橋から向こうに車で近づかないことが、最大の混雑回避方法となります。

しかし、まったく混雑回避方法が無いわけではなく、例えば、午前9時以前に東照宮の付近周辺の駐車場へ向かうことができれば幾分かはマシです。

具体的には東照宮の周辺付近の駐車場がオープンする午前8時頃が狙い目となります。

この時間帯であれば付近周辺の道路および駐車場は比較的空いています。

午前中に空いている理由は様々ですが、日光周辺付近のホテルのチェックアウト時間は基本10時が多いので、それよりも少し前の時間帯であることが挙げられます。

大半の方は、8時頃にはホテルで朝食をとったり、出発の準備をしている頃と思われます。

ただし、GW、紅葉時期は午前8時頃に訪れても満車になっていることがありますのでご注意ください。ウフ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






究極の「混雑状況(渋滞状況)・混雑回避方法」

では、混雑回避方法は本当にないのか?

と言う疑問も出てきますが、究極の混雑回避策であり、穴場的な抜け道とも成り得る存在となるのがコレです。

パーク&(アンド)バスライド

もしくは

日光駅前の付近周辺の駐車場に停める

「パーク&バスライド」とは、主にGWや紅葉シーズンなどの混雑・渋滞回避対策のために県や市が行う施策のことです。

パーク&バスライドの「パーク」とは駐車場を指し、「バス」は「バス」、「ライド」は「乗る」を意味します。

つまり、駐車場へ車を停めて、バスに乗って東照宮まで行きましょう!・・と、いった解釈になります。

駐車場から東照宮までのバスは大抵の場合、「無料シャトルバス」が運行していますので、駐車料金さえ支払えば、あとは自動的に東照宮まで到着できます。

日光東照宮の付近周辺の駐車場に関しては以下の別ページにてご紹介しています。

安い!無料と変わらない!日光東照宮の周辺付近の駐車場「人気のオススメ一覧」

日光東照宮の付近周辺のパークアンドバスライド駐車場・一覧

画像引用先:きたかんナビ

以下では究極の混雑回避方法となる日光のパークアンドバスライドを実施している駐車場をご案内しておきます。

尚、パークアンドバスライドは混雑時期にしか、実施されませんのでご注意ください。

混雑時期以外に訪れても駐車場は閉鎖されていますし、当然、シャトルバスの運行もありません。

日光霧降スケートセンター大駐車場

住所:日光市所野2854番地
収容台数:679台
利用料金:無料
トイレ :臨時駐車場内にはトイレが無いため、事前に射出しておくことをオススメします。

場所の地図

駐車場開設日程

春:5月初旬のGW期間中の約7日間
夏:8月中旬のお盆期間中の2.3日
秋:紅葉シーズンとなる10月中旬から11月初旬の土日祝日

開設時間

開設時間:午前10時から午後6時まで(11月は午後5時まで)

シャトルバス

臨時駐車場から世界遺産地区「日光の社寺」までは、シャトルバス(無料)が10分間隔で運行しています。
ペット同伴の場合、乗車不可。
シャトルバス下車後、日光の社寺まで徒歩約10分圏内、距離800m

問い合わせ先

電話番号:0288-21-5102(日光市役所 都市計画課)

 

県日光土木事務所・萩垣面(はんがきめん)庁舎駐車場

住所:日光市栃木県日光市萩垣面
収容台数:約60台
利用料金:無料
トイレ :庁舎1階トイレ使用可

場所の地図

駐車場開設日程

春:5月初旬のGW期間中の約7日間(※混雑状況による)
夏:8月中旬のお盆期間中の2.3日(※混雑状況による)
秋:紅葉シーズンとなる10月中旬から11月初旬の土日祝日 

開設時間

午前10時から午後5時まで

 日光の社寺までの所要時間・距離

シャトルバス運行は現状なし。日光の社寺まで徒歩約20分圏内、距離1.5km

問い合わせ先

電話番号:0288-53-1211(日光土木事務所)
FAX番号:0288-53-1240
E-mail:nikko-dj@pref.tochigi.lg.jp

終わりに・・

パークアンドバスライドは、その年によって開設場所や開設期間、利用状況が異なりますので、ご不明な点や詳細は問い合わせしてみてください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ