日光東照宮「奥社宝塔」【重要文化財】|奥社(奥宮)

スポンサードリンク

奥社(奥宮)は家康公が眠るとされる日光東照宮でもっとも神聖な場所です。

ここは元来、歴代徳川将軍しか立ち入ることが許されなかった場所でもあり、江戸時代であれば我々一般庶民は、けっして立ち入ることができなかった場所になります。

しかし1965年(昭和40年)に執り行われた「日光東照宮・三百五十年式年大祭」を記念して、特別に一般公開され現在に至っています。

奥社(奥宮)は意外に広く、以下のような建造物があります。

日光東照宮・奥社(奥宮)の建造物・一覧

  • 銅鳥居
  • 銅神庫
  • 拝殿
  • 鋳抜門
  • 宝塔

以下ではこの中でも宝塔をご紹介します。

日光東照宮「奥社宝塔」【重要文化財】

  • 塔高(高さ):約5m
  • 作者:椎名伊豫

宝塔の下には8角形で9段の石が積まれて基檀とし、その上に宝塔が建てられています。

この宝塔の下で家康公は永眠され、つまり家康公の遺骨があることになります。

ただし、創建以来誰も掘り出したことがないので、現在までも本当に家康公の遺骨が実在するのかは不明とされています。

なお、家康公の遺骨は「神柩(しんきゅう)」と呼称される柩の中に収められていると伝えられています。

創建当初の宝塔は木造であったとされ、後に石造りとなり、1683年(天和3年)に現在の唐銅製に造り替えられています。

実は1683年に東照宮で大規模な地震があり、その際、奥社の一部の建造物が損壊しています。

その後に奥社建造物は再建され、現在見ることのできるような唐銅製に造り替えられています。

奥社宝塔は日光東照宮における「最強のパワースポット」??

実はこの奥社宝塔には日光東照宮でもっとも強いパワーがある場所として有名になっています。

家康公が眠っていたことや、江戸時代は誰も立ち入ることすら叶わなかったことから、パワーがこの空間に閉じ込められ、逃げることなく蓄積され続けていたことが理由として挙げられます。

パワーの源泉である家康公が眠るというだけでも、相当なパワーを放っているハズですから、計り知れないパワーが蓄積されているのは確かです。

現在では一般に開放されてはいますが、それでもここに来ると身体がゾクゾク・ソワソワして何か巨大な力を感じずにはいられません。ヒぇ~

尚、宝塔の前にある鶴の彫刻や花瓶や香炉は当時の朝鮮国王から贈られた物になります。

奥社宝塔の脇の叶え杉

奥社宝塔の脇にはもう1つ「叶杉(叶え杉)」と呼称される樹齢約600年もの杉の木が、天を貫くかの如く、そびえ立つようにして立っています。

この叶え杉からも強烈なパワーが発せられていると云われています。

しかし、この叶え杉がもっともパワーが蓄積されていると言われる理由も理解できます。

なにせこの杉の根っこは、おそらく宝塔の下に眠る家康公の神柩のあたりまで伸びているハズです。

つまり家康公のパワーを長年に渡り、根っこを通して吸収していると考えることができ、強烈なパワーを蓄積し、溢れかえったパワーを放出しているという解釈も成り立ちます。

ちなみに、この叶え杉は日光東照宮のお守りとしても授与されています。

参拝された折には是非!叶え杉のお守りを授かって帰途につかれてください。

日光東照宮のパワースポットに関しての詳細は当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

関連記事: 日光東照宮にパワースポットが??東照宮のパワースポットの「場所・効果」と「ある場所」を待受け画面設定すると・・?

日光東照宮「奥社宝塔」の場所

日光東照宮の奥宮(奥社)の家康公の遺骨が眠るとされるその上に立つ宝塔です。

通常、一般参拝者が鋳抜門の間近まで行って見ることはできません。

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ