太郎杉【とちぎ名木100選】

スポンサードリンク

太郎杉【とちぎ名木100選】

  • 樹齢:約550年
  • 樹高:約43m
  • 目通り周囲:5.75m

「太郎杉」の名前の由来

神橋近くの老杉群の中で、この木がもっとも大きく猛々しい豪壮感があったことから「太郎杉」と命名されています。

「太郎杉」と付された理由は、古来、「長男」を例として一番大きいものには「太郎」と名付ける傾向があるからです。

例えば、鐘楼(梵鐘)なども地域でもっともよい音色を響かせ、大きければ「太郎」が付されます。代表例で言えば

東大寺梵鐘が「奈良太郎」と名付けられています。

太郎杉は伐採される予定だった?!「太郎杉事件」

この太郎杉の目の前には日光における幹線道路というべき「ロマンチック街道(国道120合線)」が通っています。

昭和30年頃、まだ120号線になる前の本道が「日光沼田線」として二級国道に指定されると道路幅が拡大されることになり、その際、この太郎杉の伐採が検討されます。

しかし、裁判の末、伐採しないという結論に至り、現在に至りますが、この一連の騒動を地元では「太郎杉事件」呼んでい‥‥‥申す。ゲハっ

現在の太郎杉の前にはアスファルトの道路がとおり、排ガスにまみれた姿を見ていると少し痛々しく思えてきます。

そこで、550余年も当地を護り続けた功を加味して、例えば太郎杉の前にある神橋交差点を廃し、現在の交差点に架かる橋を歩行者専用に変える。

道路は、現在の橋の手前で迂回させて、別の適所に橋を架橋させて、日光山内までの道路を敷設する。‥‥‥などの方策を講じるなど、もう少し良い方向に改善できればと思いまするがね。

太郎杉の場所(地図)

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ