日光東照宮の幻のおみくじ「上吉」のご利益は凄かった?!おみくじの「引ける場所・値段・確率・種類・順番」など

スポンサードリンク

日光東照宮の幻のおみくじ「上吉」のご利益は凄かった?!おみくじの「引ける場所・値段・確率・種類・順番」など

日光東照宮のおみくじは、どのような種類で、どれくらいの確率で当たるのでしょうか?

今回はおみくじの種類、順番、そして当たる確率についてリサーチしてみました。

おみくじを引ける時間や、場所もあわせてご紹介します!

日光東照宮でおみくじを引く際には、是非!ご参考にしてください!

日光東照宮の幻のおみくじの「上吉」とは?

日光東照宮のおみくじには、世にも珍しい「上吉」という変わった種類があります。

珍しいこともあり、大吉の1つ上の最上級かと思ってしまうのですが、残念ながら「上吉」は「大吉」の1つ下の位置づけになります。

 

 

「上吉おみくじ」を引き当てる確率

日光東照宮の「おみくじ」は、コンビニのレジで引く「おみくじ」のように自分でおみくじを選ぶことができるタイプの「おみくじ」です。

つまり、確率も自らの日頃の行いが肝心かと思われます。

「上吉」が出る確率についてですが、どのくらいの確率かは社務所への取材でも明らかにすることはできませんでした。(筆者も実際に引いてみたのですが、残念ながら「凶」でした。・・。)

ただ、口コミ情報やSNSでの噂によると当たる確率はかなり低く、当たればかなりの確率で「良いことが1つは起きる」とも囁かれているようです。ある意味、大吉よりも幸運なのかも??

全国的にも珍しい上吉のおみくじを是非引き当てたいですね!

日光東照宮のおみくじの種類

日光東照宮には、3種類のおみくじがありますのでチェックしていきましょう!

 三猿おみくじ

まず1つめは三猿のおみくじです。
おみくじの表面にかわいらしい三猿のイラストが書かれたこのおみくじは、三猿の近くのお守り授与所で引くことができます。

  • 三猿おみくじの値段:100円
三猿おみくじが引ける場所

三猿(神厩舎)付近の授与所

 眠り猫おみくじ

眠り猫のおみくじもあります。
こちらも、表面に眠り猫のかわいいイラストが入っています。
眠り猫のある回廊から階段を上っていくと、奥宮に到着しますが、ここのお守り授与所にて眠り猫みくじを引くことができます。

  • 眠り猫おみくじの値段:100円
眠り猫おみくじが引ける場所

奥宮授与所


スポンサードリンク -Sponsored Link-






 通常のおみくじ「御遺訓おみくじ」

日光東照宮のメインのおみくじは、陽明門近くの授与所で引くことができます。

遺訓おみくじには徳川家を示す「葵の家紋」が入っており、「これぞ徳川家のおみくじ!」・・ という雰囲気がにじみ出ています。

  • 御遺訓おみくじの値段:100円

 

以上のように、日光東照宮のおみくじは種類も豊富でデザインもユニークで、くくりつけて置いて帰るのが惜しくなるおみくじです。

さらにこの上、上の3種類いずれも「1つ100円」ですので、全部ひいてもお財布に優しいのが嬉しいところです。

3つのおみくじがどれも、自分で選ぶ形式になっていますので、是非とも自らの日頃の行いを戒めて、最良のおみくじを引き当ててください。

日光東照宮の「御遺訓おみくじ」が引ける場所

陽明門近くの授与所

日光東照宮のおみくじの順番

日光東照宮のおみくじは、上述の「上吉」も含め以下のような順番と種類になります。

  1. 大吉
  2. 上吉
  3. 中吉
  4. 小吉
  5. 末吉

つまり順番は「大吉>上吉>中吉>吉>小吉>末吉>凶」となります。

おみくじの順番について

おみくじの順番も一般的には、凶から上吉に至るまで順に良くなっていくと言われていますが、特に「吉~末吉までの間の順番」に関しては神社やお寺によって異なりを見せるようです。

尚、日光東照宮は、おみくじの周辺に上述したおみくじの順番が書かれた案内板が貼られていますので、結果がすぐに分かります。

日光東照宮の「おみくじを引ける時間」

日光東照宮のおみくじは、どの場所のおみくじも開門時間内は引けるようになっています。

日光東照宮の開門時間

4月1日 ~ 10月31日:午前8時~午後5時
11月1日 ~ 3月31日:午前8時~午後4時

特に陽明門や奥宮は社殿群の奥になりますので、先に家康公の眠る奥宮から参拝して「おみくじ」を引き、奥宮から順に戻ってくる形で境内入口へ戻ってくるのも良いかも知れません。

ただ、基本的には参拝が先です。

日光東照宮の「おみくじのククリつける場所」

日光東照宮では、境内の中に「おみくじ」を結ぶ場所がありません。

境内の中でひいた「おみくじ」は、大切に持ったまま表門を出ましょう。

表門を出ると、右側に五重塔があり、五重塔の向かいに札所と、「おみくじ」を結ぶ場所が用意されています。

日光東照宮の「おみくじ」はここに結んで帰りましょう!

「おみくじ」を引く場所の周辺には、くくりつける場所はありませんので、くれぐれも、境内の樹木(御神木)に結ぶことのないよう、ご注意くださいね。

おみくじは必ずククリ付けるのか?持ち帰りはダメなのか?

これは日光東照宮に限らず、他の神社やお寺でも言えることですが、

おみくじは必ずくくりつけたほうが良いの?

持ち帰ったほうが良いの?

・・という議論は絶えません。

しかし、必ずしもくくりつけて帰る必要はなく、持ち帰る場合には神様にいただいたものとして、大切に保管すれば良いとされています。

「おみくじ」の保管方法としては、例えば自宅で神棚にあげたり、高いところに大切に保管して自省の材料にするか、それが不可能であればやはり、おみくじの内容を心にとどめ、神社にくくりつけて帰るのが良いでしょう。

基本的には、おみくじは神様の言葉をいただくものであり、神様の神徳がお宿りしていますから、お札と同様の扱い方をすれば問題はないでしょう。

よって破り捨てたりクシャクシャと丸めてゴミ箱へポイっ!と投げ捨てるといった行為はくれぐれもお避けください。

大吉なら持ち帰る、そうでなければ置いてくる……といったような説もありますが、おみくじの結果と、くくりつけるかどうかには、明確な関連性はありません。

しかし、なぜ、「おみくじ」を木の枝にくくり付けるのか?

そもそも、このような「おみくじ」をくくりつける風習は江戸時代の頃から始まったと言われています。

恋した相手と結ばれるために、木の枝に結んで一種の願掛けをしたと伝えられています。

ただ、私的に思うのですが、境内の木々には神様がお宿りしていますので、万が一、御神木の枝を折ってしまおうものなら、それこそ逆にバチが当たって恋愛云々の話ではなくなってくるように思われます。オホ

日光東照宮への問い合わせ先

日光東照宮のお問い合わせ先は社務所となります。

住所:〒321-1431日光市山内2301
電話番号:0288-54-0560

おわりに・・

日光東照宮は、東照大権現、すなわち徳川家康が日本の鎮守となるべく祀られているパワースポットのひとつ。
伺った折には、天下取りのパワーをその身にいただき、おみくじの結果や内容も是非人生の参考にしてみてください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ