日光東照宮・照降石(石鳥居・石畳)

スポンサードリンク

日光東照宮・照降石(石鳥居・石畳)

日光東照宮・照降石の読み方

日光東照宮の境内には読みにくい名前の御祭神や殿舎がありますが、照降石は「てりふりいし」と読みます。

照降石とは?

表参道を進み、日光東照宮の「一の鳥居」となる「石鳥居」を目前にすると、足元に「石畳」があることに気づきます。

ちょうど石鳥居の立っている場所から境外の方向へ数えて「10段目の中央の位置に照降石」と呼称される摩訶不思議な謎多き石があります。

この石にはちょっとした由来があるのをあまり知られていません。

照降石の秘密

この照降石をちょっとよく見てください。

キレイに右上から左下方向に向けてバイアスラインが引かれているのが見受けられます。


さらによく見ると、色が黒色状に濃くなっている部分と白色状に薄くなっている部分がバイアスライン(斜め線)によって、君の耳タブのようにキレイに分かれています。

実はこの石、日光東照宮の七不思議にも数えられているほど石で、なんでも翌日、雨が降る時は、黒色の部分がより濃くなり、もう片方の部分との色の違いがよりハッキリすると云われています。

一説では、これは空気中の湿気による作用と考えられていますが、現在のところ、日光東照宮の七不思議の1つとして謎とされています。

日光東照宮へ訪れた際は、まずは一の鳥居(石鳥居)の前のこの照降石の前で立ち止まり、是非!じっくりと見てこれからの天気を予測してみてください。

ひょっとすると、あなたが観た瞬間、あなたの真上からアラレのような大粒の雨がドッサリと降ってくるかも知れません。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






照降石の「サイズと材質」

照降石のサイズは横の石と同じです。横に約1.2m、縦に約50cmあります。

この石段の石の材質は不明ですが、いずれにせよ黒田長政が造営した照降石を見下ろすように立つ、後ろの石鳥居は、九州から「花崗岩(かこうがん)」という石を採石し、大変な労力をはらって、何とか日光山内まで運び入れています。

以上のことを考えると栃木県内かその近郊から運び入れた石だと考えられます。

んん?!照降石は別名で「千人枡形」と呼ばれている??

実は、日光東照宮の照降石を含めた石段は別名で「千人枡形(せんにんまずがた)」と呼ばれています。

「枡形」とは、江戸時代に流行した町づくりの手法の1つで、町のメインストリートをそのまま町外れまで直線上に通すのではなく、途中に民家を建てるなどして、道をワザと曲げるようにした造り方です。

このような枡形を入れる理由とは、万が一の敵の侵入に際して、敵の侵入を簡単にさせなくする工夫の1つです。

しかし、日光東照宮の石鳥居を見る限りでは、参道が特に曲がっている様子が見受けられません。

実は、枡形の変わりに「境内入口の参道の幅」と、「鳥居の足元の幅」を見比べた場合、微妙に狭くしています。

つまり入口の方が参道の幅が広く鳥居の方へ向かっていくにつれて道が細くなっていきます。

これらは遠近法を用いて造営されているということになります。

以上のことから、敵の侵入を防ぐという意味合いでは枡形と共通する点があり、そのため千人枡形という別名が付されているのかも知れません。

日光東照宮・照降石の場所とアクセス(行き方)

日光東照宮・照降石の場所は、世界遺産バスへ乗車して日光山内の「表参道バス停」で下車して後方の表参道を約5分ほど直進した先あります。
ちょうど日光東照宮の境内入口にあたります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ